彼女ができても仕事の事情でなかなか会えなかったり、一緒に過ごす時間が持てないと彼女を寂しい気持ちにさせてしまっているのではないか不安になることってありますよね。
我慢強い女性でも本当はすごく寂しがっているかも?

今回は、彼の胸がキュンとしてしまいそうな彼女の寂しいサインについて見ていきたいと思います。

(1)別れ際のハグ

『名残惜しそうな表情がたまんないっす』(31歳/サーファー)

デートが終わり今日も彼と居られる時間は残りわずか。
大好きな人との別れ際は彼にとっても寂しい時だったりします。

別れ際のハグを彼からするというスタンスが多いですが、時には彼女からキュッと抱き着かれると嬉しくなるもの。
そんなに可愛い姿を見せられてしまうと、嬉しさのあまりになかなか彼女を帰せずにある意味、彼は困ってしまうでしょう。

(2)普段とは違うシュンとした声

『そんな声出しちゃって……。もう会いに行っちゃうぞ?』(27歳/美容師)

遠距離などなかなか会えない日々が続いた時、頼りになるのは電話というツール。
声を聴くだけで会いたいという気持ちが倍増してしまいますが、本当に会えなくて寂しい気持ちになっている彼女のシュンとした声を聞くと、心を打たれてしまいます。

会いたいという言葉を直接放つことがなくても、声に寂しさは現れてくるものです。
彼も次は電話先でなく彼女に会って生の声を聞きたくなることでしょう。

(3)一緒にいたいと言う言葉

『ボクは馬鹿なので、ストレートに言ってくれないとわからないです』(22歳/学生)

シンプルでちょっぴり恥ずかしくて言うのに勇気がいる一緒にいたいという言葉。
率直に気持ちが伝わり、そんな言葉を持ち掛けられてしまうと彼も今日は帰したくないと感じるものです。

一緒にいる時間がずっと続いてほしいと感じているのは素直な気持ちでもあり、幸せな時間だからこそ短く感じて寂しくなってしまいますよね。
とくに普段は強がりな彼女からこんな寂しそうな言葉を聞けると、自分のことを好いてくれているという自信にもなります。

(4)突然会いに来る

『前の彼女ですが、会いたくて来ちゃったと言われた時は、死ぬかと思いましたね♡』(28歳/メーカー)

女性としては彼に迷惑なんじゃないか?
彼に嫌な思いをさせてしまうと思い、嫌われるのが怖くてできない突然の訪問。

がっつり仕事だとわかっている時や、忙しい時は本当に今はやめてくれ……と感じてしまう男性も多くいます。
ですが、なかなか会えない遠距離恋愛や近くでも仕事で会う時間が取れない場合、突然の訪問というサプライズがあると彼も嬉しくなるもの。
わざわざ自分に会いに来てくれたと思うとその健気な姿勢に益々彼女のことが好きになるということもあるのです。


彼女のまっすぐな気持ちをアピールされることは彼にとっても最高なことです。
不器用な女性でも、正直にしっかり寂しさを伝えられることも大切!
たまには女性の方から彼に寂しい気持ちを伝えてあげることで愛を受け止めることができるものですよ。

(文/恋愛jp編集部)