女の第一印象を植え付けるメイク。
身だしなみはもちろん、好印象を持ってもらうのにも効果的なので、メイクを見直したい人は一度勉強し直してもいいかもしれません。

今回は、アラサー女性が男を誘惑するための自然な「艶やかメイク」の方法をまとめました。

(1)きれいに見えるしっかりベースメイク

『若くても肌が汚いとガッカリですね。もったいない』(33歳/金融)

下地を塗った後は、顔の凹凸を意識した眉下、目じり、鼻筋、鼻の下、顎の下などの部分にハイライトをさします。
逆にフェイスラインにはマット系のカラーを使って陰影を出し、小顔効果を狙いましょう。

綺麗な肌は、下地から!!
ファンデーションだけで作ろうとしないことが大事です。

(2)リキッドシャドウで効果的な目元に

『ザ・アイメイクって感じじゃなくて肌になじんだ感じの陰影があると大人っぽさを感じます』(30歳/アパレル)

ついつい強い印象にしたくて濃くなってしまう目元ですが、アイラインをがっつり引いてつけまつげをバシバシつければいいってもんではありません。
それよりは、陰影を意識して肌になじんだ色をチョイスし、個性を出す方が自然に色っぽくなります。

輝きのあるシャドウをアイホール全体につけ、目じりの1/3に濃い目のシャドウをのせます。

(3)なじむチークで自然な顔色に

『白い肌なのに頬に少し赤みがさしてる女性は艶っぽいし、健康的に見える』(34歳/金融)

チークは頬の高い位置につけて、手でなじませるように広げます。
多くのせすぎるとせっかくのベースメークや、自然な感じが台無しになってしまうので、つける量にも気を付けてください。

チークで主張するのではなく、顔の立体感を出すイメージです。

(4)色は控えめでもしっかり主張する唇に

『赤!って感じの口紅より自然な色の方が怖くない(笑)』(27歳/コンサル)

口紅だけではなく、リップライナーを使って唇の輪郭をしっかりととったり、少し大きくとったりして唇を主張しましょう。
色が濃くなく、優しい色でも艶のある、きちんとした唇は男を引きつけます。

仕上げにラメなど入っていない透明のグロスを重ねると、更に引き付けられる唇に……。


メイクは手間がかかるし、お金もかかります。
また、時代の流行りすたりや、年齢によっても変えるタイミングが訪れるのです。

でも、きちんとしたメイクは女性に自信を持たせてくれます。
それがモテや好印象につながり、人生が変わるとしたら、メイクを勉強するのも悪くないですよね。

(文/恋愛jp編集部)