飲み会などで、下ネタを振られた時、どうして良いか迷ったことありませんか?
どう答えることが正解なのか分からないですよね。
そこで今回は、「女性の下ネタ」に対する男性心理を紹介していきます。

(1)ノリが良くてイイ!

『ノリ良く答えてくれると嬉しくなる』(25歳/SE)

露骨にイヤな顔をされたり、ドン引きされたりすると、その場の雰囲気が凍り付いてしまいます。
下ネタを振った男性は、悪いことをしたなと申し訳ない気持ちに……。
それよりは、下ネタにノってくれたほうが、好印象になるよう。

女性が下ネタに反応することは、多少なりともドキッとするもの
そういう反応が楽しくて下ネタを言っているところもあるので、ノってくれると嬉しく感じます。
下ネタ大好きの男性にとっては、ありがたい存在かもしれませんね。

(2)笑えるならOK!

『一緒に盛り上がれるなら最高!でも、過激なやつはNG』(29歳/広告)

過激になりすぎない、下品なワードを使わないならOKというタイプ。
一緒に笑ってくれる、適当なツッコミを入れてくれると、一緒に盛り上がれるもの。
盛り上がってくれる女性は貴重な存在のため、嬉しく感じます。

ただし、ドン引きされるのはイヤだけど、自分を超える過激な下ネタは言って欲しくないようです。
直接的なワードは口にせず、曖昧にするぐらいが男性ウケはいいみたい。
一緒に盛り上がってくれるけど、直接的なワードを出さない女性が、好印象ですよ。

(3)生々しいとNG

『友達カップルのリアルな性生活の話とかは聞きたくないよね』(27歳/企画)

リアルな実体験や生々しいワードは、好まれない傾向になります。
特に本人が体験したことや、相手の男性が知り合いの場合は、想像してしまうのでNG。
あまりに生々しいと、逆に男性側が引いてしまうよう。

また、女性器や生理など、女性にしか分からないリアルな話もNG。
男性は、性について真面目に話したいわけではなく、ただ盛り上がりたいだけ。
実体験をリアルに再現して話されても、困ってしまうようです。

(4)下品だからイヤ

『彼女には絶対人前で下ネタは言って欲しくない』(33歳/人事)

女性の下ネタは絶対イヤという、否定派もいるようです。
特に自分の彼女が、大勢の友達の前で下ネタを話している姿はドン引きするよう。
2人の時はOKだからと、みんなの前で話してしまわないよう、気をつけましょう

下品だから絶対イヤという男性は、その人自体も下ネタはあまり好きではないタイプ。
もし狙っている人が下ネタを言わないのであれば、口にしないほうがベスト
恥ずかしがりながら笑うぐらいにしておきましょう。


男性によって個人差はありますが、女性から率先して過激な下ネタを話すことはNG。
もし、狙っている男性がいるのであれば、その人に合わせた対応をするようにしましょう。
笑いながら流せるぐらいが、万人ウケするようです。

(文/恋愛jp編集部)