好きな男性をメロメロにするには「不意打ち」が効果的です。
相手が油断しているときに不意に意識をさせることで、彼もドキッとしてしまうことでしょう。

今回は男性をメロメロにする「不意打ちテク」を4つご紹介します。

(1)不意打ちで褒める

『いつも褒めないくせに、なんかしたとき小さな声で「やるじゃん……」って言ってくれたのマジ萌えなんですけどぉぉぉ』(28歳/公務員)

何気ない瞬間に不意に彼のいいところを褒めてみましょう。
褒められるとどんな男性でも嬉しくなるもの。

通常は何か行いをした後に褒められることが多いと思います。
そんな中不意打ちすると、彼に強力なインパクトを残すことができるでしょう。
また、不意打ちすることで「いつも自分のことをこんな風に思ってくれてたんだ」と、女性の気持ちがより伝わります。

(2)不意打ちで急接近する

『わわっ!び、びっくりするじゃないか……!あまりにも可愛すぎて心臓止まるかと思ったよぉぉ』(30歳/イラストレーター)

スマホの画面や雑誌などを見せる時に、あえて急接近してみて。
近づくことで女性のシャンプーの香りや表情の細部など、彼の感覚が刺激されます。
距離が近くなれば、恋人同士のような距離感が、スキンシップやキスを連想させるでしょう。

今まで意識していなかった女性でも、意識する瞬間を作れます。
彼の心が動くきっかけになるかも。
ただし、パーソナルスペースに入るのを嫌う男性もいるので、彼の反応をしっかり見て、引き際も見極めましょう。

(3)不意打ちの「ありがとう」

『いつもお礼言ってくれないくせして、今回だけボソッと「ありがと……」だなんてツンデレ最高かよ』(24歳/大学生)

「実はあの時……」と不意に「ありがとう」を伝えるのも効果的。
お礼を言うタイミングは意外と逃してしまいがち。
もし後から感謝を伝えたいと思ったときは、素直に伝えてみるのもいいのではないでしょうか。

不意に思いがけないお礼を言われる経験は中々ないため、彼の心により響きやすいです。
また、「しっかりお礼を伝える丁寧な子なんだな」と好印象につながることでしょう。
何より、感謝をされると誰しも嬉しくなるものです。

(4)不意打ちの「次はどうするの?」

『目を見て、楽しそうに次どうする?って聞かれたときはたじたじでした』(26歳/アニメ関連)

初デートやまだ回数が少ない場合、次のデートに行けるかどうかが気がかりです。
お互いに相手の気持ちの探り合いをしていると、なかなか進展しなくてもどかしさを覚えます。
そんな時は女性から、次のデートの内容を聞いてしまうという方法もあります。

「いつ行く?」「どこに行く?」など、不意に直球な質問をされると彼もドキッ。
女性の真剣な気持ちも一緒に伝わるでしょう。
モヤモヤと彼に誘われるのを待つよりスッキリしますし、気持ちも伝わるので試してみて。


たまに不意打ちして男性の意識を自分へ向けるテクニックは、恋愛でとても有効です。
テクニックさえ分かれば後はタイミングを見極めるだけ。
「ここだ!」と思うタイミングを見つけたら、ぜひ活用してみてください。

(文/恋愛jp編集部)