元々の顔は悪くないのに、メイクをすると不幸そうに見える女性っていますよね。
そんな女性はメイクの方法を変えるだけで、見違えるほど綺麗に生まれ変わる可能性が!

そこで、不幸そうに見えるブスメイクの特徴をまとめてみました。
ブスメイクの特徴を参考に、普段のメイクを見直してみましょう。

(1)肌に潤いがない、乾燥している

『肌がカサカサで粉吹いてたら引いちゃうよ。ちゃんと保湿して』(29歳/人事)

不幸そうなメイクの特徴として考えられるのが、老け顔メイク。
老け顔に繋がる印象として、肌に潤いがない、乾燥している、といったことがあります。

そこで、肌の潤いを引き出すために、パウダーファンデーションの塗り過ぎには注意!!
粉っぽい肌は老け顔の原因に繋がるので、パウダー系の化粧品はできるだけ薄くのばすことをおすすめします。

(2)ナチュラル過ぎる目元

『目ブスは全体的にブスに見えちゃう』(24歳/商社)

目元がぼやけてしまうほどのナチュラルメイクは、地味な印象を与えます。
地味な印象の女性に比べ、派手な印象の女性の方が幸福感がありますよね。

そのため、最近ブームとなっているナチュラルメイクを取り入れている方は、今一度メイクが地味になり過ぎていないか確認してみましょう。
特に目元は幸福度を表す重要なパーツなので、ナチュラルにし過ぎないこと!

(3)唇の乾燥

『唇の皮が剥けてたら流石に幻滅するなー』(31歳/消防士)

不幸そうな顔には、唇が乾燥しているという特徴があります。
そのため、明るいカラーのリップやグロスの使用はもちろんですが、普段からのケアが重要。

乾燥を防ぐためには、こまめに薬用のリップクリームなどを塗ることがおすすめ!
特に乾燥が気になる季節には、就寝前などには欠かさずケアするよう心がけましょう。

(4)保湿クリームの使用

『肌がカサカサの人よりツルツルの人の方が絶対いい!』(31歳/営業)

不幸そうに見えるメイクを脱するためには、肌の乾燥は絶対に避けたいところ。
そこでおすすめなのが、メイクをしていても使うことが出来る保湿クリームです。
ミストのように蒸発することがないので、より乾燥への効果が期待されます。

長時間潤いをキープすることで、時間が経つにつれ不幸感が出てしまうことを防ぐことが出来ます。
不幸そうに見えるブスメイクを改善するためには、とにかく肌の乾燥を防ぐこと。


いかがでしたか。
不幸そうな印象には、肌や唇の乾燥が深く関係していることがわかりましたね。
乾燥を防ぎ、肌に潤いを引き出すためにも、日頃からスキンケアは念入りに行なうことをおすすめします。

(文/恋愛jp編集部)