興味がある彼に近づきたいと考えた時、出来ればたくさん話ができるのが理想的。
しかし緊張してなかなか会話が弾まなかったり、ドキドキのあまりに話題がふっとんでしまってせっかくの時間を棒にふるってしまう恥ずかしがり屋さんも多いのではないでしょうか?

そこで活用したいのがLINEというコミュニケーションツール。
直接面と向かって話が出来なくてもグッと彼に急接近できちゃうメッセージの送り方を伝授したいと思いますよ。

(1)会話の初め

『大体LINEが続く人は話し始めから興味の引く話題の人が多いかな』(26歳/建設業)

まず彼にどんな内容を送ったらいいのか?
不自然に今何してると聞いてしまうのも、好意を寄せていることがバレバレなので、ちょっとした日常会話などから入ってみましょう
おすすめなのは彼の趣味を探ったり、その趣味について突っ込んでみること。

また趣味がわかっているなら、その趣味について聞いてみると彼も嬉しくなってたくさん話をしてくれることでしょう。
実際に自分が興味がない趣味だとしても、少しオーバーリアクションすると更に好感度がUPしますよ。

(2)会話が盛り上がってきたら腹八分目で終わらせる

『せっかくLINEが盛り上がってきたのにスパッと止められると気になっちゃうよ』(30歳/営業)

彼と会話が弾んできたなと感じた頃に、あえて自分から本日はシャッターを閉めてみるのも1つの作戦。
まだ話していたいけど、ここでグッと我慢をすることで次回のやりとりにつなげるきっかけにもなります。

例えば、話の続きを今すぐにでも知りたいけど今から仕事の集まりやミーティングがあるから、またLINEするねって言葉だけでOK。
また彼も話を聞いてもらいたくて、LINEを送られても嬉しくなり存在になることでしょう。

(3)時にはスタンプを活用

『可愛いスタンプ使ってる子いいよね』(24歳/IT)

LINEは自分で文章を考えて打っている分、必要以上に気持ちが伝わりすぎてしまったりすることもあります。
また文章を考えるのに時間がかかってしまって、好きな相手なら尚更言葉の1つ1つに慎重になってしまうもの。
うまい言葉が見つからず返信できないとただの既読スルーだと勘違いされてしまうのでそこは気をつけておきたいですよね。

こんな時こそスタンプを活用してみましょう。
彼の好きなキャラクターなどがあれば早めにGetしてみると好感度もあがりますよ。

(4)メッセージの回数と文章の長さに気をつける

『長文は読むの嫌だし、返信早すぎるのも嫌だな。程よくがいい!』(31歳/公務員)

1回の会話で送っていい文章の長さは3行程度
また彼の事が知りた過ぎてつい質問も多くなりがちですが「?マーク」を付けていいのは1メッセージに1回。

また1日に自分から彼にラインを仕掛けるのは2回程度。
メッセージの回数はそれぞれ1回~3回、会話が弾んだ時は3回~5回にしておくとガツガツ感が出ずにちょうどいいやり取りを生み出すことができます。


メッセージの送り方や内容1つで彼と距離を縮めることができそうですよね。
初対面や話すのが苦手というタイプの方はまずはLINEのやりとりで仲良くなっておくと、直接会った時もスムーズに話に入ることができます。
せっかくのコミュニケーションツールを上手に活用して、恋愛を成熟させてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)