大好きな彼に、あなたからの愛をいっぱい感じていてほしいですよね。
ちゃんと愛情が伝わっている自信、ありますか?
今回は、男性が「大事にされてる」と感じる彼女の行動について、ご紹介します。

(1)体調などの変化に気づいてくれた

『少し顔色が悪かっただけど「体調大丈夫?」って心配してくれる彼女が愛しい』(25歳/公務員)

些細な変化に気づいて心配してくれると、かなりぐっとくるという意見が多数ありました。
ちょっとした変化がわかるのは、普段から相手をよく見て、気にかけているという証拠
常に気にしてくれていることに、愛情を感じます。

彼氏について気づいたことがあったら、積極的に口に出すようにしましょう。
体調が悪いときはきちんと看病してあげることもお忘れなく。

(2)自分を優先してくれた

『他の予定をキャンセルしてまで自分とのデートに来てくれて嬉しかった』(28歳/IT)

予定や日々の行動における優先順位は、愛情を計る目安となります。
お付き合いする相手が仕事がきつくても予定をあけてくれたり、他の約束よりもたまには自分を優先してくれたりしたら、女性も嬉しいですよね。

男性にとってももちろんそれは同じです。
いつもいつもそうする必要はありませんが、大事な日などポイントで彼優先にしてあげてください。

(3)思い出のものを飾ってあった

『以前に彼女の家に行ったとき、2人で撮った写真とかが壁に飾って合ってキュンとした』(31歳/コンサル)

付き合う前にデートした場所のチケット、記念日にもらった手紙、思い出のものはいろいろあっても、飾っている人は案外少ないです。
しまいこんでいる思い出のものは、今すぐお部屋の目立つところに出して飾りましょう。

スマホで撮った写真も、アプリなどを使ってきちんとプリントして、コメントを添えるなどして飾ってください。
しまっていると気づいてもらいにくいですが、飾れば自分との思い出をこんな風に大事にしてくれているんだ!と喜んでもらえます。

(4)ちょっとしたことを覚えてくれていた

『自分でも言ったか覚えてない事を彼女が覚えててくれて嬉しかった』(34歳/医療関係)

テレビを見ていて、ぽろっと彼が口にしたこと、覚えていますか?
そもそもちゃんと聞いていますか?

このお店行ってみたいなとか、あの料理がおいしそうとか、彼は色々なことを言っているはず。
自分でも言った覚えがないくらいのことを覚えていて、それを叶える提案をしてくれたら嬉しいですよね。
サプライズをするのが苦手、何も思いつかない……という女性は、日頃からそのあたりを押さえておけばヒントがあるかも!


愛情は、相手にまっすぐ伝わらないと意味がありません
普段の行動でも、彼を想っていることをきちんと伝えて、より良い関係を築いてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)