近頃、セックスに積極的ではない、そんな男性が増加しています。
こんな時代だからこそ、「彼ともっとエッチがしたい」と、悩んでいる女性が多くいるはずです。

だったら彼を待つのではなく、誘って野獣にしてしまった方が早いでしょう。
ここでは、彼をドキドキさせるエッチの誘い方を4つ紹介します。

(1)上目遣いで太ももを触る

『上目づかいで太ももなんか触られたら、さすがに始まりますよ』(27歳/コンサル)

男性はあざといと理解していも、女性の上目づかいが大好きです。
しかし上目遣いでセックスを誘われたのでは、適当にかわされる可能性があります。

そのためそこに太ももを触るという刺激もしっかりと与えることで、相手の欲情を誘います。
直接的でなく、彼の太ももをまさぐるという、「コレッて合図!?」と、思わせるボディタッチは効果的です。
上目づかいとの両輪使いで彼をドキドキさせましょう。

(2)チラ見せをして「えっち!」という

『自分の部屋で「こいつわざとみせてるな!」って女性からさらに煽られたら……ガマンはできないっすよね』(25歳/IT)

男性は、視覚から性的な刺激を得ます。
そのためグラビアアイドルの写真だけで興奮できるわけ。
であれば効果的なのは、やはり胸元や太ももなどのチラ見せです。

男性は本能的に目で追ってしまうので、そこで「あ!見てたな!えっち(笑)」など、悪戯っぽくからかいましょう。
相手がどぎまぎしている時、さらに近づいて「触りたいのかな?」など、より欲情を煽ってください。
次第に我慢できず、そのまま押し倒される……という展開が待っているかもしれません。

(3)相手に色々触らせる

『仲のいい女性がさりげなくくっついてきて、胸なんか押し付けられたら興奮せざるえないですよ』(28歳/金融)

異性で触れ合ってると、強烈に性的な気分が誘因されます。
そのため異性で触り合う社交ダンス教室に恋沙汰が多い……と、言われているという話もあります。
男性をエッチに誘う時、直接的な場所はハードルが高いです。

しかし腕や脚、さらに鎖骨など、こういった部分を触ってもらいながら会話を進めると、相手はかなりドキドキしてしまうよう。
前述したように、「本当はこっちが触りたかったりして」など、からかう言葉を組み込むと、もう我慢の限界が訪れるはずです。

(4)ベッドに誘って膝枕

『とろあえず彼女から「ベットきなよ」なんていわれたらドキドキし始めます』(24歳/営業)

相手をドキドキさせる、ということは、エッチを想像させるということです。
まずシチュエーション的にベッドに誘ってしまえば、それだけでもドキドキします。
彼をベッドに誘って膝枕してもらいましょう。

そこで前述した上目づかい、太ももを触るなどして、「もしかしてエッチなこと考えてるの?」などと茶化しながらも、ゆっくりとキスをしてもらいます。
彼はもうここまで来れば、ゆっくりと身体を重ねてくるはずですので、チャレンジしてみてください。


ここでは、彼をドキドキさせるエッチの誘い方について4つ紹介しました。
途中真剣な顔つきになり、相手を見つめてあげると効果的です。
ぜひ、大好きな彼を野獣にすべく、これらのテクニックを使ってみてください。

(文/恋愛jp編集部)