一緒に楽しく過ごした今日も気づけばあっという間にお別れの時間。
「また次も会いたいな」と相手にそう思ってもらいたいなら、別れ際は絶好のチャンス♡
いい印象を残して次のデートのお誘いに繋げましょう。

(1)もう少し一緒にいたいくらいで「ばいばい、またね」

『駆け引き上手ですよね。くそぅ♡』(29歳/営業)

盛り上がったデートこそ、引き際を見極めて次に会うときの楽しみを取っておきましょう。
べたべたいちゃいちゃしすぎず、少し物足りないくらいが効果的。
相手にもっといたいと名残惜しく思われるくらいがいいでしょう!

「もっと一緒にいたいけど……」とあなたも残念そうにしながら、「ばいばい、またね!」と笑顔で別れましょう。

(2)「ばいばい、またね」と最後まで手を振る

『ばいばいなんてしないで、そのまま一緒に暮らそう!!!!』(31歳/金融)

別れ際に、相手が背を向けたあとも、相手の姿が見えなくなるまで見送りましょう。
相手が不意に振り返った時には、笑顔で手を振ること。

再び振り返ってくれたときにはもっと笑顔でより大きく手を振ってみて。
最後まで見送ってくれるあなたの姿は彼の脳裏に焼き付くことでしょう。

(3)「ばいばい、またね」の前の軽いボディータッチ

『ガッツリ触ってこられると、チャラいのかな?と感じるけど、軽いのだとキュンキュンしますね』
(27歳/大学院)

特に手を繋ぐことも触れ合うこともなく過ごしたデートの別れ際に効果的なのがこちら。
デートが終わることが寂しくて言葉が出てこなくなってしまうとき、そっと彼の手や身体に触れてみて。
裾をぎゅっと掴むだけでもいいでしょう。

言葉が出てこなくてもあなたの思いは相手に伝わるはず。
そんな健気で不器用なあなたの姿を、彼は可愛く思うことでしょう。

(4)「ばいばい、またね」からの突然のサプライズ

『まってましたーー!君からのキッス♡♡♡』(25歳/飲食)

盛り上がったデートこそ別れ際は寂しいもの。
最後に強い印象を残して可愛く思われたいなら勇気を出してサプライズを実行してみましょう!
別れ際の本当に最後というところでそっとキスしたり、背を向けたあとで駆け寄ってハグしたりするなど、彼を驚かせる行動をとってみましょう。

狙ったわけではなく気持ちを抑えられなくて思わずしてしまったように相手の目に映ればしめたもの。
あなたのことを可愛く思って手放せなくなるでしょう。


デートの別れ際に寂しくてすがってしまっては相手を困らせてしまうこともあります。
思いのすべてを伝えるのでなく、あなたの心の内側の思いを行動でさりげなく伝えてみて。

そうすることで、彼の目にはあなたが可愛く映ることでしょう!
また次のデートに繋げたいなら、最後まで気を抜かずに、別れ際の行動を意識してさりげなく取り入れてみてはいかがでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)