女性にとっては、「完璧な女性」になることは目標であり憧れと言えるでしょう。
しかし完璧すぎる女性は扱いづらいと男性に感じられてしまうのです。
ですから少し隙を見せる女性の方が、男性からモテる傾向があると言えます

LINEのやり取りでもふとした時に隙を見せると、男性をドキッとさせることができるのです。
今回は、LINEでモテる「隙あり女子」になる方法についてご紹介します。

(1)ギャップを見せる

『普段まじめな女性がかわいらしいLINEをおくってくるとかわいいなって思います』(25歳/コンサル)

男性はとてもギャップに弱いと言えます。
いつも仕事でビシッとキメた姿を見せているのであれば、LINE上では少し可愛らしい口調でメッセージを送ってみましょう。
具体的には困ったことがあった時に「えーんどうしよう」と送ってみたり、嬉しいことがあった時は「うふふ」と反応してみるのがオススメです。

普段とのギャップを感じて男性はドキッとするでしょう。
ただしあまりにも可愛すぎる言い方を使ってしまうとぶりっ子という印象を持たれてしまうので、ほどほどにしながら効果的に使用してください。

(2)時々方言を使う

『ふとした瞬間にでる方言にグッときます』(26歳/営業)

方言を話す女性が好きという男性は多くいます。
ですから自分の地元の方言を時々メッセージに取り入れてみましょう。
しかし方言を使う女性が可愛く見えるのは、わざとらしくない自然な方言を使っているときに限るということを忘れないでください。

自分の出身地でもない方言をわざと使っていると、「あざとい女だ」と思われてしまうのです。
ですから文章の語尾などに時々方言を混ぜる程度にしておきましょう。

(3)質問には純粋に答える

『質問にたいして素直に返答してもらえると好感がわく』(29歳/ゼネコン)

LINEのやり取りの中で、男性があなたの好みを探ろうとしたり、デートに誘いやすい日程を知ろうとすることがあるかもしれません。
そんな時は、勘ぐって「なんでそんなこと聞くの?」と返信してはいけません。
そのようにLINEを返してしまうと、警戒しているような印象を与えますし、隙のない女性に見えてしまうでしょう。

ですから知らないふりをして、質問には純粋に答えるようにしてください。
疑うことなく質問に答えてくれる純粋さが、男性にとっては可愛らしく見えるのです。

(4)ミスでクスッとさせてくれる

『たまに変な誤送くることがあるとかわいく思える』(28歳/IT)

たまにはLINEのやり取りの中でミスをしてみるのも効果的でしょう。
文章を打っている時に誤ってスタンプを送ってしまったり、予測変換を間違えてしまうことが効果的になる場合もあります。
あまりにも頻繁にこの方法をとると、「頭が悪いのか?」と勘違いされてしまうので、ごくたまにここぞという時に使ってみてください。

予測変換のミスでクスッとさせることは少しレベルが高い隙の見せ方ですが、誤ったふりをしてスタンプを送ることは取り入れやすいので、ぜひ実践してみましょう。
間違ったスタンプを送った後に「ごめん間違えた!(笑)」とフォローするメッセージを送ることも忘れないようにしてください。


いかがでしたか。
今回は、LINEでモテる「隙あり女子」になる方法についてご紹介しました。
LINEでは、丁寧すぎない少し抜けた様子を見せることで「隙あり女子」らしさを演出することができるのです。

(文/恋愛jp編集部)