デートの際に男性にとって最も気になるのが、女性の私服です。
たとえ顔が可愛くても、私服がダサいと男性は引いてしまうことも。
そこで、男性がダサいと思う夏コーデをご紹介します。

(1)毛玉になりやすいTシャツ

『毛玉の手入れもできないのかな?って思うね』(26歳/コンサル)

夏になるとTシャツを着ることが多くなりますね。
しかし、Tシャツの中には毛玉になりやすい素材のものも多く存在します。
特に、安いTシャツは毛玉になりやすく、買ったばかりなのにすぐにヨレヨレになってしまうことも。

そのため、Tシャツをオシャレに着こなすには、素材には充分注意して選びましょう。
少しでも毛玉になっていたら、部屋着にすることをおすすめします。

(2)スウェット

『スウェットで横は歩かないでよ……』(28歳/金融)

最近ではスウェットを着て街を歩く若い女の子が多くみられます。
スウェットは着心地が良く動きやすいので、部屋着としては最適と言えますね。

しかし、外出の際に着ると非常にだらしなく見えてしまい、男性からはダサいと思われてしまうことも。
そのため、少しの外出の際も、スウェットのままではなく着替えるようにしましょう。

(3)原色を多く取り入れたコーデ

『シンプルでいいと思うけど、派手すぎはダメだよね』(31歳/IT)

夏は原色をコーディネートに取り入れる方が多くみられます。
しかし、原色をふんだんに取り入れ過ぎると、うるさい印象になってしまいますね。
その上、男性からは派手すぎるコーディネートはダサいと思われがち。

原色をコーディネートに取り入れる際には、カラフルにし過ぎず、トップスが原色であればボトムスは黒にするなど、メリハリをつけることでダサ見えを防ぐことが出来ます
派手過ぎると悪い意味で目立ってしまうこともあるので、原色を取り入れたコーディネートには注意が必要。

(4)トレンドが古い

『何年前に流行ったものだよって思う服着てる人たまに居るよね』(29歳/公務員)

少し前にトレンド入りしたデザインなどは、ダサい印象を与えてしまいます。
トレンド感が強いほど、後になって着ることで非常に痛々しくなってしまうことも。
特に流行に敏感な男性ほど、トレンドを気にする傾向にあります。

そのため、過去にトレンド入りしたデザインをコーディネートに取り入れることは避けるべき。
デートの際にはなるべくトレンドを意識することで、ファッションセンスが高いことをアピールすることをおすすめします。


男性がダサいと思う夏コーデは、デートの際には絶対に避けたいところですよね。
彼にオシャレだと思われるためには、男性が嫌がるコーデを参考に、デートの際には夏のファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)