みなさん、「好き避け」という言葉をご存知ですか?
好きな人のことを避ける行為のことをいいます。

なんで好きな人を避けるの?と思う人もいるかもしれません。
なので、ここではその好き避け行動の特徴についてみていきましょう。

(1)恥ずかしい

『恥ずかしがってるのか全く話しかけてくれないのは悲しい』(29歳/SE)

「私この人のこと好きかも……」と自覚した瞬間、今まで通り接することができなくなった経験はありますか?
彼が好きとわかると突然意識しますよね。
そんなとき、恥ずかしくてもまともに会話ができない時はないですか?

もちろん、好きな人との会話は緊張します。
そして、会話だけでなくて、隣に座るのもドキドキですよね。
このように、恥ずかしさのあまり避けてしまう行動が「好き避け」の1つです。

(2)自分に自信がない

『もっと自信もって話せばいいのに!自信過剰くらいが丁度いいかも』(31歳/消防士)

「好き避け」には自信がないことも原因であげられます。
自分に自信がないので「私なんか相手にされない」「私としゃべるのは申し訳ない」などと思い込んでしまうのでしょう。
そのため、好きな人をみかけたりすると避けてしまうのかもしれません。

(3)恋愛経験が少ない

『恋愛になれてない人は凄く奥手なイメージ』(23歳/美容師)

「避ける」ということは、好きな人にどう接していいかわからない、つまり恋愛経験が少ないということも考えられます。
これは自分に自信がないことにも繋がるでしょう。
恋愛経験が少ないと、もし好きな人に話かけられてもどう返したらいいかわからないなどという不安があるはず。

なかなか会えない彼を好きになった場合も同じこと。
「会いたい」と言いたいけど、どんな感じで伝えたほうがいいのか分からずに避けてしまうといった感じ。
そういった恋愛経験が少ないことによる不安などによって、避けてしまう行動をとるのでしょう。

(4)ツンデレ

『ツンデレな態度は大好き♡でも、もっと話しかけて欲しいかも(笑)』(24歳/建設業)

「不安」「自信がない」「恋愛経験が少ない」ということとは違って、単純に「ツンデレ」といった場合もあります。
好きな人にはそっけなくしてしまうという人も。
避けるというよりも、ついついそっけない態度で対応しちゃった経験はないですか?

「嬉しい!」「楽しみにしてる!」などと笑顔で伝えたいのに、どうしても素直に伝えられなかったり……。
きっと彼を「好き」ということは全面的に出さないだけで、その人と関わりを持ちたいという女性がとる行動と考えられます。


好きな人を避けてしまう「好き避け」は、度が過ぎると相手から誤解される恐れもあります

「自分のこと嫌いなのかな?」と勘違いされるかもしれないので要注意。
自信をもって相手と良い関係を築いていけるのが理想的ですね。

(文/恋愛jp編集部)