大好きな彼と、もっと長い時間一緒にいたいなー、って、女子なら思いますよね!
一緒にいる時間を増やすためには同棲が最適ですが、彼が乗り気にならなくては意味がありません。
そこで今回は、彼に一緒に住みたいと思わせるためのお家デートテクニックを4つご紹介します!

(1)彼専用の物を用意する

『彼女の家に自分が使えるものがあったらより行きたくなるし、お泊まりになっても安心』(28歳/SE)

あなたのお家でデートするなら、スリッパ、部屋着、歯ブラシなどなど、お家デートの際に彼が使う物を前もって準備しましょう。
彼専用の物がお家の中にあることで、まるですでに一緒に暮らしているかのような感覚に!
一緒に住んだらこんな感じで、こんな風に用意してくれたりするのかな?と彼の妄想を膨らませます。

ただし、彼の好みを踏まえた新品を購入しておくことが重要
元カレが使っていたくたびれた物を出すなんて、言語道断ですよ。

(2)先回りして気を利かせる

『旅館のお客さんのように丁重におもてなしされるとテンション上がる(笑)』(27歳/教師)

すぐにお茶を出してくれたり、ちょっと取ってほしいものを先回りして準備してくれていたり、といった気遣いは、彼の心に刺さります。
一緒に住むって想像するほど甘いことじゃない、と思っている現実的な考えの男子には特に有効!
毎日一緒にいても、こんな気遣いのできる子となら快適に暮らせそう……という気持ちにさせてあげましょう。

(3)布団や脱いだ服をきちんと畳む

『彼女の家の洗濯物はいつもキッチリ畳まれていているから、しっかりしてるイメージ』(29歳/公務員)

彼のお家でも、もちろん自分のお家でも、脱いだ服を床にポイッと投げっぱなしは絶対NG!
あなたと一緒に住んだら部屋が汚くなりそうだというマイナスイメージを植え付けてしまいます。
脱いだ服は、きちんと畳んで重ねるようにしてください。

もちろん二人で寝ていた布団も、翌朝はすぐに干すか、畳むくせをつけましょう。
一人の時にもそうするよう、習慣にすることをおすすめします!

(4)お金に関して彼に依存しない

『お金に対してきっちり自立できてる人はすごく良い印象を持つ』(31歳/アシスタント)

食材やちょっとしたおやつや飲み物を買う時、当然のように彼に払ってもらっていませんか?
他人と一緒に住む上で、金銭感覚は重要な要素です。

恋人同士だからといって甘えていると、なんでも依存する女だと思われて嫌われるきっかけになってしまうかも
彼のお部屋にお邪魔するなら必ずお菓子を買っていく、彼がご飯をおごってくれたら晩酌のお酒はあなたが買うなど、バランスを取るようにしましょう。


二人の関係を楽しく進めていき、同棲を成し得るために、気の利くいい女になりきって彼に快適さを提供してあげましょう!
そうすれば、「一緒に住もう」のせりふはすぐそこですよ。

(文/恋愛jp編集部)

診断バナー