エッチの際、どうしても気になってしまうのが、彼から自分のあそこがどう思われているかということ。
毛だけでなく、膣の環境やにおいなど、ケアすべき部分が多い場所であるのも事実。
自分が気が付かないだけでもしかしたら汚いと思われてしまっているかもしませんよ?

今回は彼にきちんとしていると思ってもらうための、アソコのお手入れ方法をご紹介していきましょう。

(1)臭ってしまう理由

『クン二するときに臭すぎたらマジで萎える』(24歳/バーテンダー)

臭ってしまう大きな原因と言えばやはり恥垢の臭い。
女性の陰部は特に恥垢がたまりやすいのは皆さんご存知の事。
恥垢をたまったままにしておくと、臭いだけでなく感染症を引き起こしてしまう原因にもなります。

恥垢の臭いは独特で生臭かったり、チーズのようなにおいと例えられることもあります。
特に排卵時期や生理前などおりものの量が増えた時は恥垢もたまりやすいので要注意。
また恥垢だけでなく生理中にナプキンをこまめに変えていないと雑菌が繁殖してアソコが臭ってしまうことがあります。

(2)専用のソープで清潔に

『最近、彼女のアソコが臭くないのは俺があげたソープのおかげかも(笑)』(23歳/ホスト)

陰部を洗う際、普段から使用しているボディソープなどでゴシゴシと擦り洗いをしてはいませんか?
陰部は皮膚が非常にデリケートであり、ごしごしとした摩擦を与えてしまうと余計に恥垢を貯めやすくなってしまったり、感染症になって臭いを発してしまうことも。

専用のソープはお肌に優しいオーガニックソープが多く、陰部だけでなく全身に使用することができるものもあります。
泡立てた泡を指に乗せて陰部をこすりすぎないように洗い流す程度でOKですよ。

(3)夏に向けて毛のお手入れも

『下の毛は定期的に手入れして欲しいな。たまにジャングルみたいな人いるけど本当に勘弁』(29歳/営業)

デリケートゾーンのアンダーヘアのお手入れ、皆さんはどうしていますか?
もともと薄くてお手入れをしなくても大丈夫な人もいれば、毛の量が多すぎて悩んでいる人もいることでしょう。
とくにビキニなどを着る夏場は毛が横からはみでないよう気を遣う女性も多いはず。

アンダーヘアのお手入れは断然ヒートカッターを使用するのがおすすめ
専用の電気カミソリだけあって、使用後もあまりチクチクしないのが魅力的です。

ポイントは1センチ程度の長さに毛をそろえること。
パンツからはみ出す部分はしっかりカットすることが大切です。

(4)黒ずみの原因

『今の彼女が一番アソコが黒い。ヤリマンだったんかな?』(26歳/美容師)

皮膚が薄い女性の陰部は、他の部分に比べて皮膚が非常にデリケート。
刺激や炎症などから陰部が黒ずんでしまうことが明らかになっています。
特に大きな原因としてはいつの間にか擦れてしまっていること。

念入りに洗わなければと、ゴシゴシと洗ってしまっている場合もその原因の一つになっています。
またアトピー肌の人は普段からお肌にかゆみを持っているのと同様、陰部もかゆみが出てしまいがちで、炎症により自然に黒ずんでしまうケースもあるのです。


見た目はもちろん、臭いを発していては彼も幻滅。
いくらおしゃれな格好をしていたり、女子力を磨いていてもアソコが残念なのはもったいないもの。

かゆみやにおいがあまりにもひどい場合は一度医師に相談してみた方がよいでしょう。
普段からきちんとしたケアをして、彼に嫌われないようにしたいですね。

(文/恋愛jp編集部)