あなたのメイク、やりすぎになっているかも?
メイクは、「もっとかわいくなろう」と思って、つい濃くしがちですよね。
男性がやりすぎだと思う、女子のNGメイクについてまとめました。

(1)グロスがテカりすぎ

『リップは大事だけどやりすぎは絶対ダメ。印象が悪くなるだけ』(26歳/建設業)

グロスを唇にまんべんなく塗りたくっていませんか?
あまり、唇を全体的にテカテカさせすぎるのも考えもの。
まるで、揚げ物を食べた後のように見えます。

ときには、グロスに虫の死骸がくっついていることも。
男性からすると、キスするのもためらわれますよね。

グロスは唇全体に塗るのではなく、指で取って、唇の真ん中部分にだけのせましょう
ギトギト感がなくなって、自然にうるおいのある唇に見えますよ。

(2)囲み目アイライン

『パンダみたいにしか見えないからやめなよ(笑)』(28歳/IT)

がっつりと目をアイラインで囲んでいませんか?
目を全部囲むとキツく見えるため、純朴な男子に怖い印象を与えます。
アイラインを引くときには、やりすぎないようくれぐれも気をつけましょう。

引くときのコツは、アイラインを目立たせないようにすること
目の上は、まつ毛をうめるように引いていきます。
まつ毛のラインからはみ出ると、アイラインが目立つのでご注意ください。

目の下は、下まつ毛の内側(インライン)をうめるように、目じりから目の幅1/3だけ引きます。
目の幅1/3だけ引くことで、自然に目の大きさを強調できますよ。

(3)塗りすぎチーク

『チーク凄いお笑い芸人居るよね……それにしか見えない』(30歳/消防士)

たまにチークを塗りすぎている女子を見かけます。
わざとなのか、塗りすぎに気がついていないのかは、微妙なところですね。
ただ、見ている側にやりすぎ感を与えるのは間違いありません。

チークは、部屋の照明の中ではちょうどいいと感じても、外で見ると濃すぎになることが多々あります。
部屋の中でメイクするときは、ちょっと薄めにチークをつけるといいでしょう。
不安なときは、外で鏡を見て、チークの濃さをチェックしてみてくださいね。

(4)ラメがギラギラ

『そんな顔をチカチカさせて楽しい?』(24歳/理容師)

アイシャドウのラメがギラギラと輝やきすぎな人も、やりすぎ感を与えます。
少量のラメならかわいいですが、ギラギラしすぎなのは、ちょっと怖いですよね。
なんとなく水商売のイメージがするので、やめておきましょう。

アイシャドウは、ラメが小粒のものや、パール入りのものがおすすめ。
繊細なラメは上品で、お嬢さん風に見えます。
少しさりげないくらいの光沢を発するものにしておきましょう。


メイクをしている本人は、なかなか気づかないのが怖いところですよね。
くれぐれもやりすぎにならないよう、気をつけましょう。

(文/恋愛jp編集部)