大好きな男性とハグをすることはとても幸せなことですよね。
ハグをおねだりする時は、男性に対して可愛らしさもアピールしたいものです。
今回は、ハグのおねだり仕草をご紹介します。

これらのおねだり仕草をすれば、相手はキュンとして強くあなたのことを抱きしめてくれるでしょう。

(1)はにかみながら両手を広げる

『はにかみハグ、最高です!』(27歳/IT)

言葉にしなくとも、両手を広げるだけでハグのおねだりを示すことができます。
この時に、はにかみながら両手を広げてみてください。
するとただ両手を広げた時よりも可愛らしいおねだり仕草になります。

はにかんだ笑顔で両手を広げて男性に近づけば、相手は優しく包み込んで素敵なハグをしてくれるでしょう。

(2)あっためて?

『冬場のおねだりハグの鉄板といえばこれですね』(30歳/金融)

「あっためて?」ということも、男性をキュンとさせるおねだり仕草と言えます。
冬場に両手を合わせてこすりながら肩をすくめ「あっためて?」とハグをおねだりしましょう。
男性はしっかりとハグをして、あなたのことを温めてくれるはず。

また寒さで少しふるえている女性はか弱く見えるため、男性は「守ってあげたい」と感じるのです。
男性にとっては、守ってあげたくなる女性はとても可愛らしく見えるはず。
このおねだり仕草を使って、男性をキュンとさせてみましょう。

(3)懐に入り込む

『布団のなかでもぐりこまれたら逆らえない(笑)』(26歳/公務員)

何気ない瞬間に懐にモゾモゾと入り込んでみるのも、男性にとってグッとくるハグのおねだり仕草です。
男性の胸元のスペースにモゾモゾと入り込む姿は、ペットのようにも見えて可愛らしい印象を与えます。
相手が部屋で座っている時などに、ぜひ彼の懐に入り込んでみてください。

そして懐に入り込んだら、「ねえ、ハグ」と言って抱きつきましょう。
子犬のような仕草が男性にとってはたまらないのです。
時には相手に懐くペットのような仕草をして甘える姿を見せるのも、男性をキュンとさせるためにはとても効果的なのでオススメ。

(4)「ぎゅっとしてほしい」と伝える

『ぎゅって、フレーズにグッときます』(30歳/新聞記者)

直接言葉にして「ぎゅっとしてほしい」と伝えるのもオススメです。
「ハグしてほしい」という言葉よりも「ぎゅっとしてほしい」という言葉の方が、可愛らしい印象だということがおわかりいただけるでしょう。

ふとしたタイミングで、「ぎゅっとして」とおねだりをしてみてください。
甘えた可愛らしい口調で言えば、男性はドキドキしてあなたを強くハグしたいと感じるはずです。


これらのおねだりを使って、男性からたくさんハグをしてもらいましょう。
愛情のこもったハグは、二人の関係をより強いものにしてくれるに違いありません。

(文/恋愛jp編集部)