大好きな相手とのLINEは、日常を共有している実感がして毎日を幸せにしますね。
その中でも、円満な「おしどりカップル」はどんなLINEをしているのか気になりませんか?

今回はおしどりカップルのLINEの4つの特徴をご紹介します。

(1)相手が返しやすいメッセージを選んでいる

『自分の話ばっかじゃなくて、興味のある話題のメッセージの方が返しやすい』(23歳/美容師)

息の合うカップルは、相手が返すのに困らない言葉や話題を選んでいます
特に男性は、「何を返せばいいか迷ってしまった」という理由でLINEが途切れてしまうことも。
リアクションしやすい内容や、相手が自分の事を話しやすい投げかけができるといいでしょう。

また、自分が振った話題に楽しそうに反応してくれると「もっとLINEしたい」と感じます。
お互いに相手の事を思いやり、自然体で連絡を取り合える状態とも言えるのではないでしょうか。

(2)自然なタイミングで返信している

『自分が返したいタイミングで返すのが一番良くない?』(27歳/建築関係)

よく「連絡を遅らせることで相手を焦らす」などといった恋愛テクニックが紹介されることがありますよね。
しかし、おしどりカップルの場合はこういったテクニックは案外使っていなかったり。
むしろ、お互いに自分のタイミングで返信しているという特徴があります。

自分のタイミングで返信できれば、LINEにとらわれず、自分の時間を大切にできますね。
お互いのプライベートも尊重しつつ、相手を思いやっているとも言えます。
また、これはお互いに自立した信頼関係が築けているからこそ、成り立つのではないでしょうか。

(3)程よい距離感を保てている

『あんまりプライベートの深いことまで聞かれるのは嫌だな……』(31歳/教師)

付き合いたてのラブラブな時期は特に、四六時中会話したいと思うかも。
でも、頻繁にLINEを返しすぎると、自分の時間が無くなってしまいますよね?

おしどりカップルは、相手を束縛しすぎず程よい距離が取れている特徴があります
LINEで相手に催促をしたり、プライベートまで入り込んで束縛したりということはないです。

あまりに距離が近すぎると、相手との境界線がなくなり、依存的な間柄になりがち。
お互いの生活や心が充実してこそ大人の恋愛ができます。
程よい距離は、自分にも相手にも良い影響を与えるでしょう。

(4)相手への思いやりの言葉がある

『LINEでも「ありがとう」の言葉はうれしい』(27歳/アシスタント)

何気ない場面でも、思いやりの言葉は相手との心の距離をぐっと縮めますね。
おしどりカップルは相手を思いやる言葉が自然と使えるもの。
特に離れている時こそ、LINEでの思いやりの言葉はより効果的に。

仕事が終わった後の「お疲れ様」
大事なプロジェクトに取り組む際の「応援してるよ」
帰り際の「気をつけてね」

こういった一言の積み重ねで信頼関係は深くなっていきます
おしどりカップルの秘訣は、楽しい会話だけではないと言えるでしょう。


今回ご紹介したおしどりカップルのLINEの特徴は、相手への思いやりがポイントとなっています。
大好きな相手にLINEを送る時は、こういった配慮が長続きのコツになるかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)