夏の風物詩ともいえる花火。
全国各地で様々な花火大会が催されますが、彼を花火大会に誘う準備はできていますか?

夜空に打ちあがる花火を二人で見上げれば、いつもよりロマンチックな雰囲気になること間違いなし!
そこで今回は「男性の花火への誘い方」です。

(1)グループで行こうと誘う

『人数が多ければもっと楽しいと思うし盛り上がりそう』(28歳/不動産)

まだ二人で花火大会に行くほどの仲じゃない……という距離感の彼であれば、友達を誘って何人かで行こう!と提案してみましょう
「○日に花火大会があるから行かない?みんなも誘ってるところだよ!」と気軽に連絡すれば、彼も「みんないるなら行こうかな」と思うかも。
あらかじめ友達に「○○君を誘いたい」と伝えてグループラインを作ってもらうなど、協力してもらうのも良いでしょう。

(2)浴衣が見たいと誘う

『気になる子の浴衣姿はやっぱり見たい!』(33歳/広報)

女性の浴衣姿は色っぽさもあり、普段より何倍も可愛く見えるもの。
それと同様に浴衣姿の彼というのも、なかなか見られないですよね。

「○○君の浴衣姿かっこよさそう!」と会話を切り出して、「○日花火大会あるけど、浴衣で行ってみる?私も浴衣着たいな♪」と誘ってみてはいかがでしょうか?
彼があなたのことを少しでも気になっていれば、「浴衣姿も見てみたいな」と思うはずです。

(3)近場である花火大会に誘う

『正直遠いところまでは行きたくないけど、近所でやるなら行ってもいいかも』(35歳/飲食)

インドア派でなかなか外へ連れ出すのは難しい……という彼には、近場でやる花火デートを提案してみましょう。
「花火大会に行きたいけど、遠いところは大変だよね。来週この近くで花火大会があるんだけど、それはどうかな?」と控えめに誘うのがポイント。
人混みやイベントが苦手という男性は意外と多いです。

大きな花火大会は避けて、少し規模が小さくても二人でゆっくり歩けるような近場の花火大会をいくつか挙げてみれば、彼も「近所なら行ってもいいか」と思ってくれる可能性があります。

(4)ストレートに誘う

『私と花火大会に行って欲しい、とデートを申し込まれて可愛いと思った』(29歳/営業)

最後はやはり素直に「○○くんと花火が見たいな。花火大会デートしてくれる?」とストレートに誘う方法もあります。
回りくどいことは言わずに、「○○くんと一緒に花火大会に行きたい!」という気持ちを伝えてみましょう

ストレートな気持ちが彼の心に届くかもしれません。
彼がOKしてくれたら「ありがとう」「嬉しい」と感謝の気持ちを伝えるのを忘れずに。


彼を花火デートに誘うのは少し勇気がいるかもしれません。

しかし、二人で花火大会デートをすれば恋の成就率は今よりアップすることでしょう。
是非とも今回の記事を参考に、うまく彼を誘い出し短い夏を楽しんでください!

(文/恋愛jp編集部)