パートナーのいる既婚男性は独身男性に比べると落ち着きがあり、安心して付き合う女性も多いと思います。
しかし、気軽に送ったLINEが思わぬ誤解を生んでいるかも……!?
今回は、既婚男性に送ってしまうと「不倫したいのかな?」と勘違いされそうなLINEをいくつかご紹介します。

(1)悩み事を相談する

『部下からいきなり恋愛相談とかされると、ドキドキしちゃいますよ』(32歳/金融)

悩み事を相談する内容のLINEは、男性を勘違いさせることが多いです。
女性としては、「既婚者の男性の方が安心できる」と思って悩みを打ち明けているのですが、それを好意と受けとる男性は少なくありません。
いくら結婚している男性だからといって、自分のプライベートな悩みを打ち明けるのはほどほどにするのがオススメ。

(2)ハートの絵文字をたくさん送る

『好きじゃなかったらハートとか送らないよね?そうだよね?』(29歳/メーカー)

ハートの絵文字の多用は、男性を勘違いさせることが多いので注意が必要。
「単純に可愛いから」と、ハートの絵文字やスタンプを使う女性の考えは、男性には通用しないことも。
女性慣れした既婚男性でも「ハート=俺が好き?」と思ってしまうことがあるので、気の無い男性にはハート系の絵文字やスタンプは控えましょう。

(3)マメに連絡をする

『僕のこと好きでずっと考えてるからLINE送ってるんじゃないの?』(30歳/公務員)

「今何してるの?」「こないだ○○に行ってさ~」なんて、何気ないメッセージを特に意味も無く男性に送ってしまうタイプの女性も気を付けましょう。
「こんな些細なことをマメに連絡してくるなんて、俺に好意がある証拠だ!」と思われてしまう危険性が……!
何気ないことをマメに連絡する習慣の無い男性にとって、勘違いするのに十分な行動と言えるでしょう。

(4)不倫していたことを打ち明ける

『「だから、不倫できますよ」っていう裏のメッセージがある気がしちゃう……』(31歳/SE)

お酒に酔っぱらった勢いで、「私、実は昔不倫してたの……」なんてメッセージを送ると、男性は「俺と不倫したいのか!?」と勘違いをすることがあります。
既婚男性を勘違いさせるのも良くないですし、不倫に厳しい今の世の中、例え酔っていたとしても他人に過去の不倫を明かすのは控えた方が無難。

(5)「彼氏が出来ない」アピール

『じゃ僕がなろうか?』(28歳/マーケティング)

「全然彼氏が出来ないんだよね~」なんて軽い気持ちで男性にLINEすると、「彼氏が欲しいアピール」だと思われてしまうかも。
既に結婚している男性だとしても、相手を勘違いさせるような紛らわしい発言はNG。


例え既婚者の男性であっても、女性に対して全く下心が無いという訳ではないようです。
むしろ、奥さんと上手くいっていない等の理由で、不倫願望の強い既婚男性も少なくありません。
男性に「俺と不倫したいのか?」なんて思われないように、LINEのメッセージには気を付けるようにしたいですね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)