「あの子は何かガードが堅そう……」なんて思われて、いい子なのにモテない女性も多いです。
つまり少し真面目ちゃんな印象を持たれがちな髪型ということです。
せっかく可愛くしていても、髪型のせいで非モテになるのはもったいないですよね。

今回は、そんなガードが堅そうに見える非モテヘアについてまとめてみました。

(1)アップ

『アップへアはどうしても真面目がにじみでますよね』(24歳/IT)

まるでCAや就活生のようなアップヘアは、少しお堅そうな印象を持たれることが多いです。
合コンや飲み会に誘っても来てくれなそうなどと思われ、男性にとって全体的に近寄りがたいイメージになります。

とくに男性は、ガードの堅そうな真面目すぎる女性には言い寄らないものです。
口説いてもなんとなくつまらなそうな感じがするからでしょう。
アップスタイルはパーティーや仕事のときのみにしておくのが一番ですね。

(2)ベリーショート

『ベリーショートが似合うのは芸能人くらいでしょ』(30歳/金融)

ベリーショートもガードが堅そうな印象を強く持たれることが多いものです。
男性に好かれたい、可愛い女性でいたいと思う女性は、まずベリーショートを選ぶことはあまりありません。

ベリーショートは強そうな女性の印象にもつながることが多いので、男性が避ける女性の髪型の一つ。
モテヘアを狙うなら、ショートでももう少し伸ばしたボブなどが一番でしょう。

(3)ポニーテール

『アクセサリーがないと地味な髪型ですよね』(29歳/総合職)

一つにまとめるポニーテールは、とくに低い位置で結んでいると、真面目すぎる印象にもなりがちです。
これも同じように「就活生?」「これから作業?」というイメージが強いものです。

ポニーテールで可愛く決めるなら、やはりある程度高い位置でまとめた方がいいでしょう。
ヘアアクセなども活用すると、より可愛らしくなりますね。
低い位置でのポニーは、男性からすると正直つまらない髪型でしかありません。

(4)黒髪ストレート

『黒髪ストレートは「潔癖お嬢様」ってイメージがありますね』(24歳/IT)

黒髪は真面目な印象が強いです。
そこにきてカールなしのストレートの髪型です。
よってお嬢様的な印象を持たれることは多いでしょう。

箱入り娘、男慣れしていないなど、とにかくガードが堅そうな印象に尽きるものです。
初々しい女性は男性の好みの一つですが、逆に真面目なイメージが強すぎて重く感じられることもあるでしょう。

ガードが堅そうな印象を持たれると、当然男性からアプローチされる機会も少なくなります。
これは恋愛を有利に進めていくうえで、ゆゆしき問題ですね。
軽そうな印象になるのは問題ですが、アプローチされないのも困りものです。


いかがでしたか?
自分の髪型に心当たりがある人は、ぜひ髪型でもう少し近寄りやすさを意識してみましょう。
それだけで、恋が叶うチャンスはグンとアップするはずですよ。

(文/恋愛jp編集部)