LINEはいつでもどこでも連絡がとれて便利ですよね。
しかし上手に使わないとただの「めんどくさい女性」になってしまいます。
男性が思わずにんまりしてしまうようなかわいいLINEを送って「会いたい!」と思わせましょう。

(1)早く会いたいな

『催促されるとかわいいなって思います』(25歳/営業)

「会いたい」と思ってもらえるのは嬉しいことですよね。
素直に会いたい気持ちを伝えたら、男性は「可愛い」って思ってくれますよ。
次のデートの約束をしたとき、週末しか会えなくて寂しいときなどに送ってみましょう。

ただし相手が仕事で忙しくてなかなか会えないときなどに「会いたい」「いつ会えるの?」としつこく送ると逆効果になってしまいます。
男性の都合も考えて「早く会いたいなー」と可愛くLINEを送ってみましょう。

(2)まだ寝ちゃダメ!

『もう、しかたないな♡ってなります』(24歳/不動産)

寝る前にLINEするのが日課のようになっているカップルもいるのでは?
LINEは電話と違って自分のペースでメッセージを送ることができるのが長所ではありますが、なかなか返事がこないことも。
待っているのに返事がこない、ひょっとして寝ちゃったの?というときに送るメッセージ「まだ寝ちゃダメ」が有効。

忙しい男性のことを考えると、早く寝かせてあげた方がいいかもしれません。
しかし可愛いパートナーのためなら、ちょっとくらい睡眠時間が短くなってもかまわないという男性も多いものです。
こんな可愛いメッセージがきたら、今すぐ会いに行きたくなるかもしれませんね。

(3)お仕事頑張ってね!

『次こそはしっかりデートしようと思いますよね』(30歳/IT)

仕事でデートをドタキャンしたり、女性が会いたがっても会えなかったり。
ちょっと寂しいですが、こんなときに男性を責めるのはやめましょう。
逆に「お仕事頑張ってね!」とLINEを送れば、男性はホッと安心します。

そして自分のことを理解してくれる彼女への愛情が増すでしょう。
相手も「早く会いたい」という気持ちが募り、少しでも時間を作って会いに行きたいと思ってくれるかもしれませんよ。

(4)スタンプを使ってかわいく!

『スタンプって個性がでますよね』(28歳/広告業)

言葉だけのメッセージは、重くなったり味気なかったりしますのでスタンプも使いましょう。
男性が喜ぶのはハートのスタンプや、女性らしいキャラクターのスタンプなど。
スタンプを使うことで、さりげなく気持ちを伝えることができます。

スタンプばかりだと手抜きのような印象をうけるので、文面とスタンプを組み合わせてかわいいメッセージを送りましょう。


会いたい気持ちを伝えるとき、愚痴のようになってしまうと男性は会う気が失せてしまうかもしれません。
短文で明るい印象のメッセージを心がけ、男性に「会いたいな」と思ってもらえるような内容にしましょう。
かわいいスタンプや、癒し系のスタンプを上手に使って、男性が思わず「かわいい!」「会いたい!」と思ってしまうLINEを送ってくださいね!

(文/恋愛jp編集部)