初デートって相手のことがわからないことも含め、ワクワクドキドキするものですよね。
しかし知らないがゆえに、その初デートが失敗してしまったら後悔にしかなりません。

今回は初デート前に知っておきたい「男性のこと」をまとめました。
ぜひ初デート前にリサーチしておきましょう!

(1)食べ物の好き嫌い

『誕生日に彼女が連れて行ってくれた高級寿司店……生もの苦手だったからツラかった』(31歳/アパレル)

デートコースを色々考えていたのに、いざ店に入ったら男性の食べられないものだらけ。
そうなったら困りますよね。
デートの前に苦手なもの、食べられないものを聞いておくと、そのような困った状況にならなくてすみます。

自分の好みを押し通すだけだと、気づかいのなさで次のデートはないかもしれませんよ。

(2)住んでいる場所やアクセスの良し悪し

『彼女が「すぐ来て」魔だったんだけど、終電が10時になくなる田舎だったからほとんど会いに行けなくてよくキレられた』(26歳/IT)

デートはつい自分の感覚でモノを言いがち。
相手が車を持っているか、車は自由に使えるのか、電車なら最寄り駅はどこか。
相手の状況を知り、お互いが同じくらいの負担になるようにデートプランを組むのがオススメ。

デートまでのハードルが高いと「そんなにがんばってまでしなきゃいけないのかな」と会う価値についてついつい考えてしまいがち。
当然、次のデートの可能性も低くなります。
最初のデートで探れなかった場合は「次は私がそっちに遊びに行くね」と一言いえると次につながりやすくなりますよ。

(3)趣味や好きなこと

『紹介された子といきなり会うことになったんだけど、基礎情報がなさすぎてお互い会話が続かず、なぜ紹介した!と友達を呪った。(笑)』(27歳/営業)

見た目がタイプでも、趣味や嗜好がまったく違うとデートでかみ合いません。
最初のデートで基礎情報があると、相手の興味ある分野を勉強したり、少し調べたりできます。
その結果相手と長く会話を楽しむことができます。

共通の友達や休日の過ごし方や趣味きくなど、軽くデート前にリサーチしておきましょう。

(4)好きなタイプ

『デート前に好きなタイプ聞いてくれた子が、伝えてた髪型で現れた時、もう恋に落ちた』(29歳/人事)

事前リサーチで大事なのが好きなタイプや好みを調べること。
ファッションや髪型などが分かればそれに寄せることができます。
しかし男性は「優しい、気が利く、かわいらしい」などふんわりした好みしか言えない場合もあります。

そのため「もし聞けたらラッキー♪」くらいに考えておくといいかも。


これからどうなるかわからない初デートは、どう転がるにせよ印象が大事。
もし自分たちがうまくいかなくても、好印象を残せば、合コンや紹介につながるかもしれません。

気を抜かないように事前リサーチをして初デートを成功させてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)