好きな人や彼氏と、楽しくLINEしていますか?
彼にあなたのことをもっと好きになってもらうためのLINEの使い方が出来ているでしょうか。

好きになってもらうためには、彼があなたからのLINEを待ち望んでいる状態にしないといけません!
LINEが気になってケータイが手放せなくなった彼に、「これって……恋?」と思わせましょう。
今回は、そのためのテクニックを4つご紹介していきます。

(1)名前を呼ぶ

『LINEでも不意に名前で呼ばれるとドキッてする』(25歳/公務員)

人は名前を呼ばれると、相手のことを徐々に好きになるようにできています。
これは、営業などでもよく使われるテクニック。
名前を呼ぶことですでに親しいかのように思わせ、ふところに入り込む技です。

○○くんおはよう!私は~だけど○○くんはどう?……というように、名前を積極的に呼びましょう。
彼は知らないうちに、あなたに名前を呼んでもらいたくてLINEを待ってしまうようになります!

お付き合いしている間柄なら、彼の名前の入ったスタンプを使うのもいいですね。
仲良くなりたての彼だと、わざわざ自分の名前のスタンプを探して買ったの?と、ちょっと引いてしまうかも。

(2)会った時の話をする

『話題が膨らんで話しやすいし、覚えててくれたら普通に嬉しい!』(28歳/金融)

前回彼に会った時の出来事の話を振ってみましょう。
彼との会話や彼のファッションについてなど、彼に関することならなんでもいいです。
彼は、「そんなこと覚えてくれてるんだ!」「そんなふうに思ってくれてたんだ!」と、キュンとします。

男性は、自分の話をされるのが大好きな生き物
また俺の話してよ~!と、あなたからのLINEを待ちわびるようになるのも時間の問題です。

(3)とにかくテンポよく

『早すぎず、遅すぎないペースが本当に丁度いいよ』(31歳/建設業)

LINEをしていて、相手から一日に一度しか返事が来なかったら、その返事を待っていられるでしょうか?
普通なら、そんな人のことをただ待ってなんていられませんよね。
彼が即レスしてくるようなら、あなたもぽんぽんと返事を送り、ラリーを楽しんでください。

心地よいタイミングで返信が返ってくると、次はまだかな?と自然と楽しみにしてしまいます。
毎回毎回即レスだと彼も疲れてしまうので、注意して。

(4)ちょっと甘える

『甘えLINEは嬉しいよね♡かまいたくなっちゃう!』(29歳/IT)

いつもあまり甘えないタイプの女性にぜひ試してほしいのがこちらのテクニック。
早く会いたい、といったちょっぴり甘えたメッセージを送ってみましょう
男性は、基本的にはやはり女性に頼られたいもの。

女性から甘えてもらえるのは、誇らしく、気持ちのいいことです。
甘えたLINEを受信した瞬間から、何かあったのかな?会いに行こうかな?と、気になってケータイを握りしめて次のメッセージを待っていますよ!


男性がLINEを待ってしまうのは、やはり「楽しいから」「心地いいから」これに尽きます。
相手の気持ちを上手に盛り上げるテクニックで、楽しいLINEをしてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)