大好きな人ができたら、彼の本命彼女になりたいと感じるのは自然なこと。
男性は育ちの良さを感じさせる女性に魅力を感じ、彼女にしたいと考えるのです。

今回は、男性が「育ちが良いな」と思う女性の特徴についてご紹介します。
ご紹介する特徴を知って、大好きな彼のハートをがっちり掴みましょう。

(1)食べ方が綺麗

『綺麗な女性は魅力的や!』(29歳/商社)

食べ方が綺麗かどうかは、育ちの良さをもっともよく表すポイントの一つと言えます。
食べ方が綺麗な女性は、食事中の所作が美しく、男性はその品の良さに惹かれるのです。
食事のマナーや食べ方が汚いと、一緒に食事をしている相手を不快な気持ちにさせてしまいます

一緒に食事をしている相手を不快な気持ちにさせるような女性と、付き合いたいと感じる男性はいないでしょう。
自分の食事のマナーをもう一度振り返って、正しいマナーを身につけることが大切です。

(2)言葉遣いが丁寧

『言葉遣いが綺麗な方がいいよね』(27歳/IT)

言葉遣いが丁寧かどうかも、人に与える印象を大きく左右します。
言葉遣いは育った環境や周囲の人の話し方などから大きな影響を受けるため、丁寧な言葉遣いをする人は「育ちが良い」というイメージを与えるのです。

また正しい敬語が使えることも、とても好印象につながります。
正しい敬語を使う人は、知性的に見えるうえにどんな年齢層の人にも好印象のため、そのような女性を男性が「本命彼女にしたい」と感じるのは当然のことなのです。

普段から気をつけていれば、言葉遣いは自然に綺麗になっていきます。
美しい言葉遣いで、魅力アップを目指しましょう。

(3)感謝の言葉を忘れない

『ありがとうって嬉しいからね』(27歳/金融)

育ちの良い女性は、「相手に何かをしてもらった時は、きちんとありがとうと言うべき」と両親から教育されています
ですから、どんな些細なことであっても感謝の気持ちを述べることを忘れません。
「してもらって当然」という態度をとる女性よりも、きちんと感謝して「ありがとう」を言える女性の方が素敵ですよね。

このような小さな部分に人間性が現れます。
自然に「ありがとう」が言える人を目指しましょう。

(4)きちんと挨拶ができる

『挨拶は育ち悪いとできないイメージが……』(30歳/公務員)

挨拶がきちんとできるかどうかは、小さい頃からの両親のしつけが大きく関わっています。
ですからきちんと挨拶ができる女性を見ると、男性は「育ちが良い人だな」と感じるのです。

丁寧な挨拶は印象が良く、人の輪を広げることにとても役立ちます。
気持ちの良い挨拶をすることが習慣づいていると、男性に対してだけでなく女性に対しても好印象を残すことができるはずです。


「育ちが良いな」という印象を与える女性は、さりげない上品さを感じさせる女性なのです。
これらの振る舞いでさりげない上品さを身につけ、大好きな彼の本命彼女を目指しましょう。

(文/恋愛jp編集部)