周りの女性と被らない髪型を……とこだわるのは素敵なことです。
しかしこだわりすぎるせいで、髪型が男性をドン引きさせるきっかけになることもあります。
男性にも好みはありますし、クセの強い髪型の女性にはあまり声をかけたくないものです。

今回は、そんな男性が受け入れられない個性派ヘアについてまとめてみました。

(1)刈り上げ

『刈り上げは正直女性らしくないと思ってしまう』(31歳/コンサル)

女性の刈り上げは、たしかになかなか他の友達とは被らないでしょう。
「かっこいい!」と周りの友達からのウケはいいかもしれません。
でも正直男性からしてみれば、「女性なのになんで?」と疑問しかありません。

本来男性がする刈り上げを女性がするということは、明らかに個性的
残念ながら、周りの男性はきっと「付き合ったら面倒臭そう」といった印象を覚えるはずです。

(2)個性的なヘアカラー

『髪がビビッドカラーな女性はこわいですね』(25歳/営業)

ヘアカラーは茶髪や金髪が一般的なものです。
そこに青色や緑色、ピンクや紫など、あまり見ない色を入れると、やはり個性的という印象が強くなります。
個性的なヘアカラーは、最初の印象からかなりどぎついので注意が必要です。

おそらくほとんどの男性が、茶髪や金髪など、一般的な髪色をしている女性を選ぶでしょう。
男ウケを狙うなら、ヘアカラーは常識の範囲内にとどめておいたほうが無難です。

(3)ハートアレンジ

『美的センスにクセが強そう』(28歳/IT)

ヘアアレンジをする際、個性派を目指す人はかなりアレンジにも気合を入れるでしょう。
最近頭の上でハートを作るハートアレンジが人気ですが、これも男性からすれば正直癖が強いものです。

こだわりが強すぎて、一緒にいたらおしゃれにうるさそうなどといった印象を持たれます。
ヘアアレンジに気合を入れるのなら、一般的で可愛いものを作れるのが一番です。

(4)ドレッド

『こわいなぁ……アウトローなイメージが強い』(26歳/公務員)

ストリートスタイルを意識したドレッドヘアも、あまり男性ウケはよくないものです。
なんとなく気が強そうな女性をイメージさせるので、まず男性は寄ってこないでしょう。
その髪型で「モテない」と嘆く女性がいるなら、「そりゃそうだ」と周りから突っ込まれてしまいます。

ドレッドヘアって作るのも大変ですし、本人的にもこだわりがありますよね。
でも残念ながら間違いなくドレッドヘアは男性にモテるような髪型ではありません。
そのあたりを認識したうえで髪型を楽しむようにしましょう。


いかがでしたか?
オシャレに意識が高い人は、周りと髪型がかぶってしまうのが嫌だと思うことも多いですよね。
でもあまりに癖が強すぎると、男性を引かせることにもなるので要注意です。

オシャレをひたすら楽しむのか、男ウケを狙うのか、どちらか選ぶようにはしておいた方がいいでしょう。

(文/恋愛jp編集部)