本格的な夏がやってきます。
夏は様々なイベント事があり、デートに最適な季節です。

ところが、夏のデートだからこそ男性にドン引きされてしまうことも。
今回は男性がドン引く夏のデート非モテテクを4つご紹介します。

(1)日焼け対策をしすぎる

『確かに日焼けしないことは大事かもしれないけど限度もあるよ』(26歳/SE)

日焼けは美容の大敵。
日焼け止めだけでなく、色々なアイテムを使うとより効果的に紫外線対策ができますよね。
しかし男性からしてみると「日焼け対策しすぎ!」と感じているかも。

日傘に帽子、サングラス、アームカバー、長袖……これらのアイテムは重たい印象を与えがちです。
日除けグッズは注意して選ばないと、老けて見える原因になることも。
例えば日傘をさすなら涼しげなファッションを心がける、などバランスが大切です。

また、日焼け止めは「こまめな塗り直しが効果的」と言われています。
男性からすると、この日焼け止めの塗り直しのしすぎもNG
塗り直したい時は、スプレー式の日焼け止めなどを使い、短時間で済ましてしまいましょう。

(2)強すぎる香水の香り

『香水の付けすぎは本当にいいことないよ。ただ臭いだけ』(29歳/銀行)

汗の匂いを消すために香水を使う人もいると思います。
自分ではなかなか気づきにくいのですが、汗と香水の混ざった匂いが苦手という人も。
また、香水の付けすぎに引いてしまう男性は多いです。

汗の匂いには、汗をかく前の対策が効果的。
家であらかじめデオドラント剤を使うなどしましょう。
洗濯する際の柔軟剤などで匂い対策もできます。

また、もし汗をかいてしまったのなら、トイレに行った時などにデオドラントシートを使えば大丈夫。
汗を拭かず香水に頼るよりも、しっかりと拭き取った方が雑菌が繁殖しにくいです。

(3)メイク直しをしすぎ

『そんなちょこっとしか変わらんのやったら、メイク直ししなくていいよ』(31歳/公務員)

汗ばむ季節はどうしてもメイク崩れが気になってしまいます。
彼の前でヨレた顔を見せたくないと思い、頻繁にメイク直しをしてしまう人も多いですね。

しかし、メイク直しが頻繁すぎるなら、スキンケアやメイク用品から改めた方がいいかもしれません。
毎回待たされてしまう男性は、イライラが積もってしまうものですよ。

最近では安くても優秀な崩れ防止の下地が出ています。
それを使っても崩れてしまう場合、スキンケアやクレンジングが必要以上に肌を痛めている可能性もあります。
また、下地やファンデーションを厚く重ねすぎる場合もヨレの原因に。

(4)夏のイベントを楽しまない

『ノリ悪いな……夏はもっとはっちゃけようぜ』(23歳/美容師)

「日焼けしたくないから海へ来ても上着を脱がない」
「虫が苦手だからキャンプは嫌だ」
「メイクがヨレるからBBQは率先して動きたくない」

夏は心配事が多い季節です。
それとともに、夏でないと楽しめないイベントもたくさんありますよね。
イベントにネガティブな感情を持ち込みすぎると、男性に引かれる可能性があります。

特にこういったイベントが好きな男性からすると、女性の心理は理解しがたいようです。
状況に応じて自分の考えを譲歩できた方が、男性も楽しめるのではないでしょうか。


夏は異性との距離を縮めるチャンスがたくさん!
このチャンスをつかむために、ドン引きされる行動をとらないようにするのも大切といえます。
皆さんも、夏デートをぜひ楽しんでください。

(文/恋愛jp編集部)