重い女と言えば、彼が大好きすぎるあまり無断で彼のマンション前で帰りを待つ……なんて言いますよね。
スマホが復旧した今ではありえない話ですが、現代でも男がドン引きする重い女は存在します
自覚のないうちに行き過ぎた愛が暴走してないか自分をチェックしてみてくださいね。

(1)メッセージの返信を要求する

『返信を自分が返したいタイミングで送って何が悪いの?催促されても面倒だと思うだけ』(24歳/美容師)

スマートフォンでいつも連絡が取れるからこそ、連絡が来なくなると心配になりますよね。
だからといって、相手の返事も待たずに何度もメッセージを送り、返事を要求すると相手にとても負担がかかります
もしかしたら彼はお風呂に入っているかもしれません。

スマホを忘れて仕事に行ってしまっただけかもしれません。
寂しいですが、彼の生活のすべてが恋人との時間というわけではないので、返事が来なくても焦らずに、少し時間をおいてみましょう。

(2)お揃いの物を持ちたがる

『何でもかんでも揃えられると逆に気持ち悪くなる』(26歳/証券)

お揃いのアクセサリーくらいなら可愛いものですが、お財布やスマホ、洋服などお揃いも行き過ぎると束縛のようなものです。
お揃いのアイテムを購入するだけではなく、デートの時は絶対お揃いにするなど着用を強要すると重いと思われてしまう危険性があります。

彼には彼の趣味があることを忘れずに尊重しましょう。
また、10代の頃ならともかく大人女子がお揃いにこだわっている様子は「イタい」と感じる男性も少なくないようです。

(3)スケジュールを聞き出そうとする

『僕の彼女、休みの日全て把握しようとしてくるんだけど』(31歳/飲食)

今日は何してるの?今どこにいるの?というちょっとした質問も、聞かれた側はスケジュールを管理されているようで窮屈な気持ちになります
行き先ややることまで把握されて見張られているように感じてしまい、嫌がられる可能性が高いです。
彼の生活が気になる気持ちは押さえて、自分磨きの時間にすれば、彼に喜んでもらえることでしょう。

(4)頻繁に家に来たがる

『家に行きたいって言ってくれるのは嬉しいけど、週5は多くないか……』(27歳/会社員)

人にとって自宅というのは、自分だけのスペースです。
彼の許可もないうちから彼のスペースに踏み込んではいけません。

もちろんおうちデートも楽しいですし、魅力はありますが彼の自宅で新婚ごっことばかりに勝手に掃除やお料理を始めたりしていませんか?
男性にとって彼女から発せられる結婚の気配はプレッシャーになります。
あまり急かしすぎると彼が離れていってしまうかもしれません。


ただ好きだからしていることが「重い」と思われたら悲しいですよね。
重い女にならないためには相手の生活を尊重することが大切
「自分が好きだからしてあげたいこと」が本当に相手が望んでいるのか、彼に直接聞いてみるのも良いかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)