初デートでは、可愛い仕草を見せて「また何度でもデートしたい」と男性に思わせたいですね。
男性をドキッとさせる女性らしいふるまいで、相手を虜にしちゃいましょう。
今回は初デートで実践すべきテクニックについてご紹介します。

(1)笑顔で美味しそうに食べる

『おいしそうにご飯を食べている女性は、また誘いたくなりますね』(26歳/SE)

デートに食事はつきものです。
初デートでどこに食事に連れていくか、一生懸命考えてくれる男性は多いでしょう。
それなのに美味しくなさそうに食べたり、食べ残したりするのは失礼です。

美味しそうに食べる女性は、とてもチャーミングです。
ガツガツ食べては品がないと思われるので、ゆっくりと食べてくださいね。
食事のマナーも美しければ、さらに好感度大!

何を食べても笑顔で「美味しい」と言ってくれる女性なら、一緒に食事をするのも楽しいです。
きっとまたデートしたいと思われるでしょう。

(2)お会計では男性を立てる

『ごちそうするのはいいけど、きちんとお礼はいってほしいですね』(30歳/金融)

初デートで食事をしたあとに、気になるのがお会計。
男性がおごるのは当たり前と思うのはNGなので、自分も支払う姿勢は見せましょう。
割り勘ならさりげなくお金を渡しましょうね。

男性によっては、男性側が払って当たり前という人と、割り勘にしてほしいという人がいます。
そのあたりを察知して、恥をかかせないようにするのがポイント。

男性がごちそうしてくれるなら、笑顔でお礼を!
そして「次は私にごちそうさせてね」と約束しましょう。
これで自然に2回目デートの約束ができます。

(3)ちょっとだけスキンシップ

『女性からのスキンシップで勇気がでます』(28歳/デザイナー)

初デートでは、手をつなぎたいけれど嫌がられないかな?と心配する男性もいます。
勇気が出ない男性のためにも、女性の方から軽いスキンシップを。
人混みを並んで歩くときは、男性の服をつまむ仕草で相手をキュンとさせましょう。

必要以上にべたべた触る必要はありませんが、可愛いスキンシップで男性を喜ばせましょう。
女性の方から積極的にスキンシップをすれば、相手も手をつなぎやすくなるでしょう。

(4)初デートは早めに切り上げる

『また会いたいなって気持ちが強くなりますよね』(29歳/不動産)

男性ともっと一緒にいたくても、初デートは早めに帰るのが鉄則です。
短時間のデートを楽しく過ごし、余韻を持たせるのが重要
男性に「すぐにでも2回目のデートをしたい」と思わせましょう。

簡単に手に入らない女性の方が、男性は追いかけたくなります。
1回目のデートから朝まで一緒に過ごすようでは「軽い女」と思われたり、「都合のいい女」にされてしまったりする可能性も!

ただし「つまらなかった?」と思われないように、別れ際には寂しい表情と笑顔を織り交ぜて、忘れずにお礼の言葉を伝えましょう。
「今日は楽しかった」という言葉は男性をホッとさせます。
自宅に帰ってからLINEでもお礼を伝えると完璧です。


初デートは次のデートにつなげるためにも、今回紹介したテクニックを使いましょう。
そしてくれぐれも笑顔とお礼を忘れずに!
相手も「楽しかった」「また誘いたいな」と思ってくれるでしょう。

(文/恋愛jp編集部)