男性からデートに誘われた際に、また誘ってほしいと思うことってありますよね。
男性がまた誘いたくなるような女性には、様々な特徴があります。
そこで、「デートに誘ってよかったな」と思う女性の特徴をご紹介します。

(1)リアクションが大きい

『大袈裟だろうと、リアクションがない子は誘いたくないです』(33歳/金融)

デート中、些細なことにもリアクションをする女性は、デートを楽しんでる印象を与えます。
逆にリアクションが薄いと、一緒に楽しむことが出来ず、彼もつまらなく感じてしまうものです。
大きいリアクションでデートを盛り上げることで、一緒にいて楽しいという感情が芽生え、誘ってよかったなと思ってもらうことに繋がります。

そのため、デートの際には感情は表に出すよう心がけましょう。

(2)先の計画をする

『デートが成功したか否かはコレで判断でしょ!』(24歳/IT)

デートの際に、先の計画をすることで次の約束に繋げると、デートが成功したと男性に思わせることが出来ます。
その際には共通の趣味などを見つけると、次の約束がしやすくなります。
先の計画はまた会いたいという気持ちのアピールにも繋がるので、デート中にそうした話題を持ちかけてみましょう。

また誘ってほしいという気持ちが伝わるような言い回しをすることで、次のデートを実現させるよう意識することが大事。

(3)気持ちを素直に伝える

『口に出さなきゃ伝わらないことだってあります』(29歳/営業)

恥ずかしがり屋な女性は、自分の素直な気持ちを言えない傾向にあります。
会えて嬉しい、一緒にいると楽しいなど、ポジティブなことは素直に言葉にすることが大事。
男性はそうした感情を行動で読み取ることが苦手な方が多いので、はっきりと伝えるよう心がけましょう。

そうすることで、男性の自信に繋がり、また誘いたいと思わせることが出来ます。
少し恥ずかしそうに言うと、男慣れしていないことをアピール出来るのでより効果的と言えます。

(4)別れ際にデートの感想を伝える

『別れ際に楽しかったと伝えられるとその日はずっとニヤニヤしてます(笑)』(24歳/美容師)

デートが楽しかったことを伝えるのは、別れ際がおすすめ。
帰る前に1日を振り返り、楽しかったことを伝えることで、次の約束に繋がることも。
その際には、名残惜しそうにすることで男性をキュンとさせちゃいましょう。

そうした気持ちは帰ってからLINEなどで伝えるのではなく、面と向かって伝えることで、社交辞令ではないことをアピールすると、また誘いたいと思わせることが出来ます。


いかがでしたか。
デートに誘って良かったな、と思わせる女性は、ポジティブな発言や行動が多いことがわかりましたね。
これらを参考に、男性がまた誘いたくなるようなモテテクを身につけましょう!

(文/恋愛jp編集部)