女性は、新しい彼が出来ると、元カレに上書き保存されます。
それでも、元カレを懐かしく思う瞬間がありますよね。
過去恋愛を別フォルダで保存している男性にとっては、その瞬間はもっと多くあるもの。

そこで今回は、男が「元カノの方が良かった」と思う瞬間を、紹介していきます。

(1)ケンカをした時

『ケンカすると黙り込む彼女。話さないからなにが不満なのか分からない。元カノとはきちんと話し合えてたのにって思うことがある』(30歳/営業)

彼女になんの問題もなく、幸せに感じている時は、元カノと比べることはありません。
やはり比べる時は、なにか問題が起こっている時。

ケンカをしている時は、感情的になり素がでやすい時なので、そんな彼女に幻滅。
元カノと比べてしまうキッカケに繋がってしまいます。

もちろん、お付き合いしていればケンカをする時もあるし、避けては通れないこと。
しかし、過去は美化されやすいので、「元カノはもっと冷静に話し合えたのに…」や「こんなに怒り狂うことはなかった」などついつい比べてしまうようです。

(2)食事の好みが合わない時

『僕が行きたい店はいつも否定的で、結局彼女の好きなお店に行くのだけど、前の彼女だったらそんなことなかったのに……』(26歳/サービス)

一緒に食事をする機会が多いカップルにとって、好みが合うかどうかは大きな問題。
元カノとはピッタリ合っていた好みが、今カノとは全然合わないと、ついつい比べてしまうもの。

例えば、男性が気になっているお店があっても、好みが合わないと否定されます。
そんな時ふと、「元カノとだったら一緒にこのお店も行けたのに…」と思うことも。

また、彼女の料理が、好みの味付けではない時も比べてしまうよう。
最初から味の好みがピタリと合うことはまずないので、お互いが少しずつ譲り合うことが必要です。

(3)自分の友達に会わせた時

『友達の評価はやっぱり気になるよね』(30歳/証券)

お付き合いしていれば、お互いの友達と一緒に会食する機会もありますよね。
そんな時、彼女が自分の友達と上手に付き合ってくれない時に、元カノと比べてしまいます。

特に、元カノが上手に付き合っていて、友達の評判が良ければ、なおさら。
男性は、周りの評判を気にするので、友達が彼女に対して悪い印象を持つと一気にテンションが下がります。

それだけ友達の影響力は大きいもの。
彼との結婚を望んでいるならば、彼の友達は大事にしておきましょう。

(4)エッチの時

『元カノとは体の相性が良かったから、どうしても思い出す』(33歳/IT)

カップルならエッチの相性はとても大事。
エッチが合わなくて別れてしまうカップルもいるほど。
今の彼女とエッチの相性がしっくりこない時に、元カノを思い出しているよう。

元カノとお付き合いが長かった場合、慣れ親しんだ体や相性が基準となってしまうのは、ある程度しかたのないこと。
それを超えることはなかなか難しいですよね。

しかし、彼とのエッチをこれから新しく作っていけば問題なし。
そのためには、受け身になるのではなく、試行錯誤する気持ちが大事。
最初はしっくりこない相手だったとしても、相性がイイ相手となることもありますよ。


元カノと比べてしまう瞬間は、今の彼女に少しの不満がある時。
過去は美化されやすいので比べられたら負けることがほとんど。
それでも、あなたと付き合って良かったと思わせることができれば、最強ですね。

(文/恋愛jp編集部)