経験が少ない、慣れてない場合、好きな人とするエッチはとても緊張しますよね。
いい大人だから、慣れてないで受け身すぎても相手になめられそう…
というわけで、今回はすぐに使えるエッチを盛り上げる「ベッドの上での神対応」を紹介するので、披露してみてください。

(1)喘ぎすぎず吐息を漏らすように吐く

『我慢してるけど声がでちゃったみたいな吐息がたまりません』(30歳/アパレル)

喘ぎ声が大きければ大きいほど良いと思っていませんか?
不自然な大きな声や演技のぎこちなさは、アラサー相手には通用しません。

相手はあくまで冷静な目で自分を観察しています。
でも、初めてだと緊張するし、なかなか感じづらいもの……。
そういう時は、頑張って喘ぐよりも、我慢してるけどつい声がでちゃった感じで吐息を漏らしてみて下さい。

(2)言葉を使って相手の気持ちを盛り上げる

『「きもちいい」「ヤバい」って言われるともっと責めたくなりますね(笑)』(32歳/営業)

エッチは体のコミュニケーションですが、あえて言葉で気持ちを伝えることで男のその気をアップさせることができます
「気持ちいい」「こんなの初めて」などは男も大喜びする言葉なので使ってあげましょう。
目を見てとろんと訴えるのも効果的ですよ。

(3)肌を密着させる

『密着度が増すと気持ちよさが半端ないですね。しがみつかれるのも好きです』(27歳/IT)

サクッと終わるエッチより、愛情を感じる気持ちいいエッチをしたいですよね。
そういう時は、肌を密着させたりキスをしたり、接触を増やしましょう
重なる肌の温度が通じ合うほど激しく、そしてお互いの距離が近づくと、気持ちよさが増しますよ。

(4)恥ずかしそうに時々目を合わせて欲しがる

『恥ずかしいから目をつぶってる子がたまに目を開けてこっちを物欲しそうに見てるのがたまりません』(24歳/コンサル)

気持ちよくて感じる!という感じを出しながら、目をつぶってしまう女子も男は好きですが、だからこそ、たまに視線が合うとさらに萌えるんです
恥ずかしいけど、もっとして欲しくて相手を見ちゃう、そんな彼女を彼はもっと激しく責めたくなるでしょう。
言葉は言葉で使いつつ、時々目で語るのも大人のテクニックです。


変に手馴れている上手い女子だと、最中は喜ばれますが、冷静になった時に男は過去の男の存在を考えたり、慣れてる女という認識を持ったりしてしまいがち。
それよりは、テクニックはなくても自分と向き合う姿勢がある女の方が安心できます
言葉や肌の重なり、視線を使って男の気持ちを盛り上げてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)