「ウサギは寂しいと死んでしまう」。
そんな言葉をあなたも聞いたことはありませんか?

ウサギはいつも人のぬくもりに触れていたい生き物です。
そんなウサギから学べる、男を落とすための「ウサギっぽしぐさ」
一体どんなものがあるのでしょうか?

(1)目をうるませる

『うるうるした目で見られると、抱きしめたくなっちゃいますよ』(31歳/商社)

ウサギの目って丸くてうるうるしていて可愛らしいですよね。
そんなウサギのような目で男性を見つめたら、相手はあなたに釘付けになるはず!

常に瞳をうるませて、意中の相手を見つめるようにしてみましょう。
ポイントは目薬や瞬きでしっかり目の潤いを保つことと、相手と柔らかく視線を合わせること。

目薬をさす場合は頻繁だと不自然ですが、1,2回程度なら大丈夫。
使える道具はどんどん使っていきましょう。

(2)素直に甘える

『たまに、「寂しいな」と素直に言ってくれると、「1人にしないようにしよう!」って思いますね』(29歳/銀行)

寂しいのが苦手なウサギ。
そんなウサギは寂しい時は我慢しません。

「寂しいよ」「構ってほしいよ」と自分の心を素直に打ち明けます。
自分の心を隠したりわざと「大丈夫」と無理をしたりしないのです。

もちろんあまりにも「寂しい」と言いすぎると相手の負担になります。
しかしよほどの回数でない限り、男性は「自分がいてあげなきゃだめだ」と逆に嬉しくなるもの。
男性に「あなたがいないとツライ」ということを素直に口に出してみましょう。

(3)食べ方が可愛い

『小さい口で頬張られるとキュンが止まりません。あぁ可愛い……』(26歳/SE)

ウサギがえさを食べる様子って見たことありますか?
小さな口を一所懸命にうごかしてもぐもぐ食べるのです。

そんなウサギのように、あなたももぐもぐとご飯を食べてみてください。
ポイントは大口を開けずに一口を小さくして、なるべくよく噛んで食べること。
あくまで小さく、少しずつ、よく噛んで、を心がけましょう。

食事の時の様子って案外よく見られているものです。
ここでばっちり彼の心を射止めましょう!

(4)もふもふのシルエット

『気付いたら触ってました』(34歳/公務員)

ウサギを見た時、思わず抱きしめたい気持ちになることってありませんか?
意中の彼に「抱きしめたい!」と思わせるには、ウサギのモフモフさを参考にしてみましょう。

手触りの良さそうな素材の服を選んで着てみてください!
「この服ふわふわなんだよ!」と言って触感を想像させるのも良いでしょう。

とにかく思わず手で触れてみたいと思わせればしめたもの。
抱き締めたら気もち良いだろうな、と想像させるのがポイントです。


みんなに愛される生き物、ウサギ。
その人気ぶりにあやかって、ウサギの人気の秘訣から生まれたのが「ウサギっぽしぐさ」です。
男を落とす「ウサギっぽしぐさ」を学んで、意中の彼をゲットしましょう!

(文/恋愛jp編集部)