あなたなら、気になる彼がいるときどうしますか?
積極的にアピールできますか?
もしくは、恥ずかしくて目も合わせられないですか?

おそらく、自分のこを少しでもアピールしたいけど、上手くできないと感じる人がほとんどではないでしょうか。
しかし、なんとかして彼の頭の隅にはいつも自分の姿を思い浮かべて欲しいですよね。

ここでは気になる男性をオとす肉食女子のしぐさについてみていきましょう。

(1)隣の席をキープ

『問答無用で意識しちゃいます!』(27歳/IT)

もし気になる彼が、飲み会で一緒になれるような人だとすれば、それは絶好のチャンス。
絶対に彼の隣の席をキープしましょう。

あからさまに何がなんでも隣から動かないとなると、少し不自然なのである程度席をまわって、最終的に彼の隣をキープしましょう。

飲み会の席は、本音で話せたりするので隣に座っていることで深い話ができるかもしれません。
また、周りに気付かれないうちに自分のことをちゃっかりアピールできますよ。

(2)セクシーアピール

『あの…ひとこと言わせてください。神様、ありがとうございます!』(25歳/不動産)

女性の最大の武器は、色気。
セクシーな色気をだして、気になる彼を挑発するのもアリです。

脚を組みなおしたり、少しだけ胸元をあけたり……
男性はちらリズムに萌えるようなので、見えるか見えないかくらいの際どい色気の出し方をマスターしていきましょう。

きっと彼もそんな肉食なあなたを目で追っかけるようになるはず。

(3)ぶりっ子攻め

『ぶりっ子は決して悪じゃありません!』(26歳/営業)

やはりなんといってもぶりっ子にはかないません。
ぶりっ子が嫌いな男性もいるはずですが、だいたいの男性は嫌いではないでしょう。

上目遣いで「このお仕事教えて?」と言われて断る男性はいないはず。
過度なぶりっ子は逆に嫌われる可能性もあるので、要注意。

なんだかんだ、いつの時代でもぶりっ子は男性に好かれているのが現実です。

(4)じっ……とみつめる

『あ、結構な確率でオちます』(29歳/管理)

気になる彼とようやく話す機会が訪れたら……彼の目をまっすぐ見てお話をしましょう。
恥ずかしくて、つい目をそらしらくなる気持ちもあるはず。

でも、ここは彼の目を「じっ……」とみつめてみましょう。
逆に彼から照れくさくなって目をそらすかもしれないですね。

しかし、そうなればこっちのもの。
きっと彼はドキドキしていることになるので、色々とアピールしていくチャンスです。


いかがでしたか?
肉食女子になるには、なかなかの勇気が必要です。
しかし、気になる彼は誰にも渡したくないですよね。

彼をゲットするため、勇気をもって挑戦していきましょう。

(文/恋愛jp編集部)