男性はおしとやかな女性が好き、控えめに接しなければ……と思っていませんか?
たしかにそういうたたずまいも大事ですが、「受け身」すぎるとつまらないと思われてしまうので要注意。
というわけで今回は、男性がガッカリする「受け身女子」の特徴をご紹介します。

(1)察してちゃん

『こっちの出方待ちで、よくわからないところで怒ったりキレたり拗ねたり。正直手に負えない』(30歳/営業)

何も言わずに男性についていくのがイイ女性だと勘違いしていませんか?
結果ラーメン屋や、チェーン店に連れていかれて意識していないけど不機嫌そうにしてしまう。
そんな女性を男性は嫌います。

食べたいものがあったり、行きたいところがあったりする場合は遠慮せずしっかり伝えましょう。
しっかり伝えるほうが、男性も判断するうえで迷わなくなるのです。
察してちゃんはめんどくさがられるので、やめましょう。

(2)自分の意見がゼロ

『行きたいところも、食べたいものも別にないといわれ。誘って一緒にいても自分の意見がゼロでまったく面白くなかった』(32歳/アパレル)

趣味は別にないし、食べたいものもとくにない。
でも好きな男性と一緒にいたい。
そんな女性を最初はかわいがってくれている男性も、そのうちあなたは「つまらない受け身女」だなと思われてしまいます。

男性と趣味の合う、アクティブなライバルが出て来たらすぐに捨てられてしまいますよ。
たまには自分の意見を言って、男性と楽しむ努力をしてみてはどうでしょうか。

(3)気持ちが読めない

『嬉しそうでも、嫌そうでもないのはどうしていいかわからない』(27歳/不動産)

「普通」だから普通の反応をしているだけ。
でもそれは、あなたのことを考えて一緒にいてくれる男性からしたら面白くありません。
せめて嬉しいことや、楽しいことは感謝の気持ちと一緒に伝えましょう。

「してくれて当たり前」なという反応をしていると、男性の愛情もだんだん冷めてしまいますよ。

(4)駆け引きがない

『いったらOKってわかるから行くけど、信じられないくらいすぐ飽きますね』(32歳/金融)

安定した関係って楽ですよね。
男性とのデートのパターンも決まって、同じような安定した毎日が続くのもたしかに悪くないかもしれません。
しかし男性は飽きやすい生き物です。

不満がないからと受け身で何も変えないなら、男性が急に離れていく日が来るかもしれませんよ。


「受け身女子」の男性ウケがいい理由は、自分を否定せず受け入れてくれそうだから。
ただ変化のないものを、男性は楽しいと思いません。
刺激的な女性が現れると、浮気や別れの心配が出てきます。

そうならないように、日々のちょっとしたことに感謝したり、時には振り回してみたり、新しいあなたを見せましょう。

(文/恋愛jp編集部)