LINEまたは電話で一日を締めくくるのに大事なのは、「おやすみ」のメッセージ!
相手をときめかせて、にやにやが止まらなくなるようにするにはどうしたらいいでしょう?
今回は、男がにやにやして寝られなくなる!おやすみ前のテクニックを4つご紹介していきます。

(1)もっと話したかったな

『この言葉が僕の頭を巡ります……♡』(28歳/商社)

女子は名残惜しそうに、ちょっとさびしそうに言うのがポイントです。
LINEや電話ができて楽しかったこと、もっと話していたかったことを伝えてください♡
そんなことを言われたら、男性は舞い上がってにやにやが止まりません!

かと言って、深夜遅くまで引き延ばすのはNG
相手を一旦にやにやさせたら、ひとりで妄想を膨らませる時間をあげないといけません。
もっと話したかったと言いつつも、「でも明日も仕事だから寝なきゃ」と切り上げるようにしましょう。

(2)会いたくなっちゃった

『こんなこと言われたら、夢に出にいくしかないっ!』(31歳/弁護士)

おやすみ前に限らず、究極のにやにやワードである「会いたい」。
眠る直前のひとりでさびしい時間にこれを言われると、男性側は大興奮、確実に寝られなくなります。
夜中に会いたいってことはイチャイチャできるのかな、など頭の中の暴走が止まらないことでしょう!

ただこれも、「もっと話したかった」と言うとき同様、実際には実現しない方が無難です。
簡単に深夜に会える女子は、大事にされませんからね。

(3)これからお風呂入る

『一緒に連れて行って下さい……』(30歳/金融)

女子の口からシャワー、お風呂といった言葉が出ると、男は自然とにやにやするものです。
それは、その場面をつい想像してしまうから!

服を脱ぐあなたのことを思い浮かべて、にやにや、悶々とした夜になることでしょう。
電話やLINEを続けたいんだけど明日のために切り上げたい、というときのちょうどいい口実にもなりますね。

(4)一緒に寝たいね

『そんなっ!まだ早いよ♡』(26歳/デザイナー)

お付き合いがスタートしたときや、もうお付き合いも目前かも!?という関係のときに使ってみてほしいのがこのせりふ!
ただ「会いたい」よりも男の心を掴む、強い意味を持つ言葉です。
単に知り合ったばかりの男相手に送るには危険すぎるので、よーく相手を見極めてから使うようにしましょう!


甘い言葉を駆使しておやすみ前の男をにやにやさせ、楽しく一日を締めくくれるテクニックをご紹介しました。
思わせぶりになってしまうので、大好きな彼、気になる男性にのみに使い、くれぐれも、たくさんの男性には乱用しないようにしてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)