エッチの時はお互い気持ちが盛り上がって、「早く一つになりたい」と女も思ってしましますよね。
そんな時、気になるのがシャワーを使うかどうか。

においが気になるけど、この熱量を下げたくないっていう気持ちもあって複雑……。
では、「エッチの前にシャワーを浴びない女子」に対する男のホンネはどんなものなんでしょうか。

(1)びっくりする

『普通はお互い浴びたいものだと思ってた……。戸惑います』(30歳/IT)

アラサー女子を相手にする男は、シャワーを浴びるものと思っている男が多いようです。
お互いのエチケットですし、相手のにおいも自分のにおいも気になるので、お風呂に入らないままはじめようとするとびっくりされてしまいます。
気持ちは先走りますが、大人の余裕で、シャワータイムすら楽しめるようにしたいものですね。

(2)においが気になる

『前においが原因で一回やって別れた子がいるので、できるだけ浴びてからしたいい』(27歳/営業)

シャワーを浴びるのは、お互いのにおいをリセットするため。
特にデートの日はお互い汗をかいたり、蒸れたりしていてどうしても体臭が気になりますよね。

特にエッチの時はお互いの大事な部分があらわになります。
デリケートなゾーンだからこそ、好きな人でも気になるもの
においが原因でぎくしゃくしたくない人は浴びてから取り組みましょう。

(3)すぐしたいから嬉しい

『そのままの彼女のにおいがして嬉しい』(30歳/不動産)

たまにいるマニアックな男性の意見ですが、相手のにおいが分かって萎える人もいれば萌える人もいるようです。
でも、それは自分のにおいが相手にするだけでなく、男のにおいもダイレクトに受け入れないといけないということです。

興奮するかもしれませんが、いざしてみるとにおいが無理だったなんてことも多々あるのでリスクのある選択だということを頭に置いておきましょう。

(4)やっぱり浴びてからすればよかった

『勢いでそのままみたいになはなるけど、相手のにおいも自分のにおいも気になってきて途中で冷静になるから浴びればよかったとよく思いますね(笑)』(32歳/金融)

興奮を抑えきれずに、そのままの勢いでエッチしたい。
それは男も女も一緒ですよね。

でもいざしてみると……「思ってたよりくさかった」と冷静になる男が多いんです。
よかれと思って答えているのに、ドン引きされたりしたら悲しいですよね。


歯を磨くように、エッチの前のシャワーは相手に対するエチケットです。
勢いやすぐに抱き合いたい気持ちもある場合もありますが、においはその勢いすら殺す威力を持っていることをお忘れなく!
きちんとシャワーを浴びて、集中したほうが賢いかもしれないですよ。

(文/恋愛jp編集部)