「聞き上手な女性はモテる」なんてよく言われますよね。
そもそもこういった女性にはどんな特徴があるのでしょうか?
今回は男性にモテる聞き上手な女性の特徴を4つご紹介していくので、参考にしてみてください。

(1)表情が優しい

『一緒にいて安心し出来る女性を嫌いな男はいないでしょう』(29歳/金融)

優しい顔で接してくれると、心穏やかに話しをすることができます。
モテる女性は相手との会話中に自分を客観視できている場合が多いでしょう。
自分がどんな表情をしているかにまで注意力が向いていたりするのです。

ついつい目に力が入ってしまう人は要注意。
目元の力みは直感的に「身構えた印象」を与えがちだったりします。
眉、額、目元の力をやわらげ、優しい表情で微笑みかけましょう。

(2)相槌が上手い

『やりすぎない相槌が大事です』(27歳/飲食)

聞き上手な女性はズバリ相槌が上手です。
絶妙のタイミングで相槌を打ち、相手が喋りやすい空間を作ってくれます。
相槌には2種類あります。

一つ目は言葉による相槌。
「そうなんだ!」「それでどうなったの?」「すごい!」「良かったね」など。
こういった言葉の相槌があるとどんどん話を広げやすくなりますよね。

二つ目は身振りでの相槌。
表情やジェスチャーを加えることで言葉以外でも相槌を打つことは可能です。
わかりやすいのは頷く仕草など

(3)リアクションがいい

『話していて何もリアクションがないとつまらないですもん』(24歳/営業)

相手のリアクションがいいと自分の話に自信が持てますよね。
男性もせっかく笑いを取ろうとしたのに、シラけた対応をされると興ざめしてしまいます。
男性が喜ばせようと頑張ってくれている時は特に笑顔を心がけましょう。

他にも色々なシチュエーションで言葉による相槌が取れればベストです。
しかし、うまく言葉を入れられなくても、表情や手振りだけでも十分伝わります。

普段から表情に乏しいのであれば、表情筋を鍛えた方がいいかもしれません。
鏡の前でしっかりと顔を動かし筋トレをしましょう。
表情豊かな方が愛嬌があってモテると言われていますよ。

(4)会話を覚えていてくれる

『その場だけではなく、ちゃんと話を聞いてくれたと思うと素直にうれしいです』(26歳/サービス)

これはワンランク上の対応かもしれません。
会話の節々に、以前の会話での記憶を織り交ぜて相槌を打つテクニックです。

例えば男性がちょっとドジな話で盛り上げてくれたとします。
そんな時に「この前も○○の面白い話したよね?楽しい!」と言われるとどうでしょう?
単に「面白い人」と言われるよりも心がこもっている気がしませんか?

何か質問するときも同じです。
ふと「この前の○○ってどうなったの?」と聞かれた方が、話をしっかり覚えてくれていた実感が湧きます。
あまり使いすぎると誘導尋問みたいなってしまいますが、適度に使うと効果的な方法ですよ!


今回ご紹介したいずれの特徴にも「相手が話しやすい環境を整えている」というのが共通します。
聞き上手になるには、相手の気持ちに立って考えることが第一歩なのかもしれませんね。
慣れてしまえば自然と出来てしまうものなので、積極的に取り入れてみましょう。

(文/恋愛jp編集部)