自分では何でもないと思っている仕草でも、彼は不快に感じて「ウザい」と思っているかもしれません。
ウザい女性になんて絶対なりたくないですよね。
男がウザいと思う女性のしぐさを4つご紹介しますので、当てはまるものがないかチェックしてください。

(1)大声で笑う

『手を叩いて大声で笑う女何なん?』(24歳/スタイリスト)

笑顔は女性を可愛く見せますが、笑えばよいというわけではありません。
公共の場所や飲食店などでも、人目を気にせず大声で笑う女性は「うざい」と思われがち

周りに迷惑をかけているのに気づかないというところが、まるでオバサンみたいと思われていますよ。
笑顔もよく笑う女性も男性に好かれますが、あまりにも大きな笑い声は「うるさくて迷惑」「大げさでうざい」と思われてしまいますので気を付けましょう。

(2)人前で堂々とメイク直し

『恥ずかしいから人前でメイク直すのは止めて……』(31歳/人事)

食事の後に、そのまま席でメイク直しをする女性は意外と見かけますよね。
本当は化粧室で直すべきですが、席を立つのが面倒なのか、ポーチを取り出して彼の前でファンデやリップを塗り直す姿は「ウザい」と思われてしまいます。

電車内でもメイクをする女性がいますが、やはり人前でのメイクはマナー違反
男性は見たくない姿を見せられて、不快に思う人が多いです。
自分の彼女が人前でメイク直しをしていたら恥ずかしいでしょうから、女性は手間と思わず化粧室に行ってから直すようにしましょう

(3)スマホを気にしすぎ

『デート中、会話してる時でもスマホいじるやつは嫌いだな』(24歳/IT)

一緒にいるときに、たびたびスマホをチェックする女性も「ウザい」と思われてしまいます。
会話中にスマホを気にするのは、話に集中できていない証拠

目の前にいる相手よりも、他の誰かのことを考えていることになりますので、不快に思われてもしかたありません。
通知の音が鳴るたびに気になるなら、食事のときくらいはマナーモードにしておきましょう。

(4)ため息をつく

『ため息は幸せが逃げてくって言うから極力しないで欲しいな』(28歳/弁理士)

一緒にいてため息をつかれたら「楽しくないのかな?」と思ってしまうでしょう。
心配事があると、ついため息をついてしまうことってありますが、すぐため息をつくクセがあると、相手に不満を持っているように思われがち

気に入らないことがあるたびにため息をつくクセがあると、だんだんウザいと思われるようになります。
「ため息をつくと幸せが逃げる」とも言われますので、彼を不快にして幸せが逃げないように、気を付けておきましょう。


彼とのデートも慣れてくると、つい目の前でメイクを直したり、スマホをたびたびチェックしたりして、ウザいと思われるようなしぐさをしてしまうことがあるでしょう。
ウザい仕草は相手への配慮が足りないのかもしれませんね。

彼を不快にさせないように、自分の仕草を見直してみましょう

(文/恋愛jp編集部)