「好きな髪形にしたくても、顔を全部出すと丸顔が強調されるから恥ずかしい……」
「小顔にぴったりのヘアスタイルがわからない」
「うまく丸顔がごまかせるヘアスタイルなんてあるのかな……」

モデルさんや女優さんのような、まるで握りこぶし程の大きさしかない顔なら、どんなヘアスタイルにもする事が出来て「ヘアスタイルに悩む事なんてないんだろうな~」なんて思いますよね。
実際、丸顔に悩んでいる人は意外に多いようです。

今回は、そんな丸顔をうまくごまかせるヘアスタイルを4選ご紹介します♪
丸顔を攻略して、ストレスなくヘアアレンジを楽しんじゃいましょう♪

(1)ユルフワお団子

『逆にあげちゃう方がすっきりできるんです!』(27歳/アパレル)

「お団子なんてしたら、あえて丸顔をさらしてるみたいで無理無理!」なんて思っていませんか?
「丸顔が逆に協調されてしまうのでは?」と、丸顔が気になるあまり避けがちなヘアスタイルの一つかもしれませんが
へたに隠すよりもあえて輪郭を出した方が、意外にすっきりと見えるものです。

お団子と言っても、かっちりきつめに結ぶのではなく、ほぐしながらラフな感じに仕上がるようにするのがポイントです。
うなじはもちろん、耳周りにもおくれ毛をさりげなく作りコテで緩く巻いて動きをつけてあげると丸顔はごまかせます。

(2)重すぎず、毛束感のある巻き髪

『顔の周りに空白を作るのがポイントですよ』(32歳/営業)

少し明るめのカラーで、ウェット感も出したウェーブで隠していない様で、自然と丸顔がごまかされるヘアスタイルもおススメ!
テっとした感じにならないのは、計算されたウェット感です。

コテで巻く場合は、少し多めの量で巻くといいでしょう。
動いて揺れても顔周りの毛束が、まとまって定位置にくるのでいちいち手で隠すストレスも軽減されるでしょう。

(3)大きめのアクセサリー

『大きいものがあると顔の丸さも大きさも軽減できちゃうんです!』(30歳/銀行)

正面から見える位置に大きめのアクセサリーをプラスしてあげる事で、丸顔よりもアクセサリーが強調され、うまくごまかされます。
アクセサリーは、ただ挟むだけの簡単なものもあれば、「マジェステ」と呼ばれる今風のかんざしのタイプも、今トレンドでおススメです。
マジェステを使う場合は、サイドに結ぶのが良いでしょう。

(4)ポニーテール

『フワッと結ぶことで顔の周りがぼやけてちょっと丸顔が目立たなくなりますよ!』(26歳/メーカー)

男性ウケも抜群なポニーテールは、丸顔をごまかせるヘアスタイルとしても最強です。
くるりんぱではなく、逆りんぱでふんわりと、後れ毛も少し多めにして、丸顔をごまかしつつモテヘアを作ってみましょう♪


丸顔が気になるからといって、諦めていたヘアスタイルも、少しの工夫を加えるだけでアレンジの幅が広がるのではないでしょうか。
コンプレックスをうまくおしゃれに変えて楽しんじゃいましょう♪

(文/恋愛jp編集部)