出来る女になることは、意中の男性を落とすことにも繋がります。
仕事や人間関係だけでなく、恋愛のチャンスも大きく広げてくれるというわけですね。

では、出来る女とはどんな女性のことを言うのでしょうか。
そしてどんなテクを磨けば、出来る女認定されるのでしょうか。
今回は、意中の男性の目にとまる「出来る女テク」をご紹介します。

(1)気遣い力を上げる

『痒い所に手が届く。そんな女性は素敵です』(30歳/管理)

出来る女に、気遣い力はまず欠かせません。
周りの男性には、特に普段から気を配ることを意識していきましょう。
疲れていそうだったら「大丈夫?飴なめる?」、などの気軽な気遣いがあるだけでも違います。

細かく気が利く女性は、普段から意識が高い人と思われることが多いです。
気遣いは、視野を広くして周りを見ていないとできないことですからね。
周りの男性は「こんな女性を彼女にしたい、奥さんに欲しい」と思うことでしょう。

(2)褒め上手になる

『僕、褒められて伸びるタイプなんです!(笑)』(24歳/営業)

出来る女は、周りの人を肯定的に見ることを大事にします。
決して人のあら探しをせず、否定的に見ず、褒め上手になります。

男性は、女性に褒められること、尊敬されることが大好きです。
少しでも周りの男性の良い部分があれば、ささいなことでもぜひ褒めてあげてください。
褒められただけで相手の女性のことが気になってしまう男性も多いものですよ。

(3)男性を立てる

『これぞ日本の女性ですね』(27歳/人事)

出来る女性は、自分の能力ばかりを出すだけではなく、大事な場面で男性を立てることもできるもの。

自分の出来ないことはしっかりと男性に頼り、そして笑顔でお礼を言う……。
そんな立ち回りのできる女性は、自然と男性にも魅力を感じてもらいやすいものです。

出来る女性を目指して、仕事のスキルやコミュ力を上げることにいそしむのは大事なことです。
でも、自分ばかり出ていかず、男性を立てることもぜひ忘れないでくださいね。

(4)自分の芯を持つ

『我が強いのとは違う、しっかり一本筋が通ってる女性がいいです』(25歳/飲食)

男性は、周りに流されてばかりの意思の弱い女性に、意外とイラっとするものです。
意思の弱い女性は、依存体質の傾向が強く、男性にも煙たがられるからです。

逆に、自分の芯をしっかりと持ち、やりたいことや好きなことがはっきりしている女性は尊敬もされます。
自分の意思で行動している姿が輝いていて、それが素敵だと思われるのです。

出来る女を目指すなら、ぜひ自分の芯をしっかりと持つことを大事にしてくださいね。


出来る女は、仕事や人間関係だけでなく恋愛のチャンスもがっちりとつかめるものです。
ぜひ自分の魅力を磨いて、大人の女性としてのスキルを高めていきましょう。
特に気遣い力や褒め上手は、男性にとってかなりポイントが高いものですよ。

(文/恋愛jp編集部)