みなさんは「LINE」を使っていますか?
若者の中で、使ってないよ!という人を見つけるほうが難しいくらい人気のLINE。

では、このLINEを上手く使いこなせていますか?
きっと気になる男性や、恋人との連絡手段には欠かせないアイテムのはずですよね。

ここでは、「男に効果バツグンモテるLINEの使い方」についてみていきましょう。

(1)マメにメッセージを送る

『頻繁に連絡をくれるってことは気があるってことでいいんだよね……!?』(25歳/人材開発)

LINEは従来のメール機能とは違って、簡単にメッセージを送ることができます。
なので、マメにメッセージを送ることができるということです。

仕事で差し入れをしてくれた時や、デートでご馳走してくれた時など、きちんとお礼のメッセージを送りましょう。
また、気になる彼が体調が悪そうなときなども、「体大丈夫?」と送るだけでも全然印象は違ってきます。

つまり、簡単なものだからこそ、連絡やメッセージはマメに送りましょうということです。

(2)すぐに返信しない

『な、なんで既読がついているのに返信してくれないんだ!?うおおおおお新手の焦らしプレイ☆』(22歳/大学生)

あなたは、彼からメッセージが届いたらすぐに返信しますか?
しかし、ここはちょっと彼の心理を動かしてみましょう。

LINEで彼からメッセージが届いたら、すぐに返信したい気持ちを我慢してしばらく経ってから送ること。
そうすることで、彼はあなたから返事がくる間いろいろ考えるはずです。

「どうしたのかな?」「何か気に障るようなこと言ったかな?」などなど……。
そう考えているうちに、彼の頭はあなたのことでいっぱいになります。
そして、あなたからのメッセージが届いたとき、いつも以上に喜びを感じるはずです。

(3)相手に合わせる

『自分のペースで自由に話せるなんて気軽に連絡ができる女性だなぁ。なんか身近に感じてくるよ』(30歳/都市開発)

もしあなたが頑張って長文を送ったのに、相手からは一言だけのメッセ―ジが届いたらどう思いますか?
逆に、一言で返したはずが、相手からは長文で返ってきたり……。

そうなると、少しLINEのやり取りするテンポがズレてきますよね。
なので、なるべくメッセージの長さは相手に合わせるようにしましょう。

速さも相手に合わせることができればさらにGOOD!

(4)名前を入れる

『下の名前で女の子から呼ばれるのが長年の夢なんです。一生の夢と言っても過言ではない』(30歳/経理)

普段は名前で呼んだりしないのに、2人だけのLINEになると名前を呼ぶというテクニックもおススメします。
これはLINEだけでなく、通常の会話の中でも名前で呼ばれるとドキっとしますよね。

「お仕事お疲れ様です。〇〇君は、明日はお休み?」といった感じ。
LINEというある意味2人の空間の中だけで、名前で呼ばれると男性は必ず喜ぶはずです。


いかがでしたか?
男性からモテるようなLINEは出来そうですか?
しかし、どれも度が過ぎると逆効果になるので注意しながら、実践してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)