彼との愛を確認することができる、愛あるエッチ。
大満足しながらも、まだまだ彼に抱いてほしい……と、思ったことがある女性は多いでしょう。

しかし、自分からそれを伝えるのも恥ずかしいですし、最悪彼にやる気が無かったらそれはそれでショック。
そんな女性のために、男性がまた求めてくる「エッチ後のふるまい」を4つ紹介しましょう。

(1)具体的に何が良かった言う

『男は自尊心の塊。褒めてもらったらもう一回絶頂します!』(24歳/広報)

行為が終わった後、何も言わずに着替え始めるのはNG。
やはり、感想を伝えることで男性の心を刺激した方が良いでしょう。

ただ、「気持ち良かった」だけだと、ありきたりで彼も「ふーん」で終わってしまいます。
あの触り方、あの舐め方、あの体位が……など、具体的に伝えるとその行為が記憶として甦り彼がまたもや元気になる可能性が高まります。

(2)彼より先に色々動く

『素直にいい子だと思いますね』(26歳/営業)

女性側がグッタリしてしまう、というのは良くわかります。
しかし、行為後に率先して水を持ってきてあげたり、彼を拭いたりしてあげる、という行いは彼の気持ちを高ぶらせます。

通常、男性がすることが多い部分を女性がすることで「何ていい子なんだ……好きだ!」と、なり急に抱きしめたくなるのです。
もちろん、彼の元気が戻ることうけあいです。

(3)ベッドの中で次のエッチについて話す

『記憶がよみがえって、私の体力もよみがえります(笑)』(29歳/人事)

行為後、直ぐに着替えたりせずにベッドでまったり、という行為は悪くはありません。
しかし、彼の下半身を再熱させるために、次のエッチについて話すことをおすすめします。

「今回はこうだったが、次はこんなこともしてみたい」など、彼とのエッチを楽しみたい、という気持ちを伝えるだけで彼も嬉しくなります。
「んじゃ、もう一回するか」と、そうなる可能性が高まるのです。

(4)お掃除フェラで直接刺激!

『あぁ、もう感謝しかないですっ!』(24歳/飲食)

彼の感情に訴えかける作戦もいいですが、もう物理的に刺激を与える方法もおすすめです。
発射後の彼のアソコは当然、汚れている状態です。

終わったら、すかさずにお掃除フェラでキレイにしてあげましょう。
一度、射精してしまったものの、彼女の口の中に入ることで欲望がふつふつと沸き立ち、結果的に二回戦という可能性が高まります。

実際に股間が反応すれば、それはそれでヤリたくなるのは当然。
ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


いかがでしたか?
大好きな彼と一緒にいれる貴重な時間だからこそ、できるだけ愛されたいと思うのは女性として当然です。

ぜひ、これらを参考にして、自分にできそうな振る舞いにチャレンジしてみてください。

(文/恋愛jp編集部)