彼氏、もしくは好きな男性からLINEが頻繁に来ないと、不安にもなりますよね。
LINEが来ない理由は、彼があなたのことで頭がいっぱいになっていないからかもしれません。

せっかくLINEのやり取りをするなら、LINEでも彼を夢中にさせたいですよね。
今回は、彼の頭をあなたでいっぱいにする「気まぐれLINE」についてご紹介します。

(1)返事はすぐに返さない

『いつくるんだろ~……ん~……』(28歳/アパレル)

彼を夢中にさせるために必要なのは、気まぐれなそぶりを見せて彼を気にならせること。
そのため返事はすぐに返さないことが大事になります。
いつも即行で既読がつき、返事も早いと、自然とあなたの返事に「プレミア感」がなくなるのです。

あまりに早い返事ばかりを続けると、彼も早い返事に慣れるでしょう。
すると、「返事が来た!」「返事来ないなぁ…」と彼があなたの返事について気になることが無くなります。
そんな気になるLINEが彼を夢中にさせるのです。

(2)返事のペースには緩急をつける

『早かったり遅かったり振り回されちゃう』(27歳/金融)

けれど、返事がいつも遅いばかりではさすがに距離を取れられることになるでしょう。
そもそもやり取りが盛り上がらないのでは意味がありませんからね。
返事のペースは緩急をつけて、たまに早い返事を心がけるのも大事です。

いつもの返事の早さは普通くらい、たまに遅い、でもたまに早い……これなら彼も気になるでしょう。
特に最近遅かったのに、たまに早く返事が来たときの喜びは大きいはずです。
たまには即返事をし、彼を喜ばせてあげましょう。

(3)「二人だけ」の特別LINE

『二人だけの世界だということを意識させてくれる人好き!』(26歳/小説家)

ちょっとした特別感をやり取りの中に出すことも大事です。
例えば「今日仕事中にこっそり寝てた、内緒だよ」なんてLINEが来たら、彼はちょっとドキドキしますよね。

二人だけの秘密にテンションがあがるはずです。
いつもは普通のLINE、でもたまにきまぐれに秘密を共有してくるのが可愛いのです。

(4)日記LINE

『気過ぎてもウザいですけどね、ちょっとなら可愛いですよね』(29歳/IT)

まるで日記のように自分のことを共有してくるのも可愛いですよね。
普段は内容のあることをやり取りをしているのに、「今起きた」なんて日記LINEが来たら彼もドキっとしますよね。
男性は好きな女性の「プライベート」を感じる一言に弱いものです。


LINEのやりとり一つをとっても、相手をドキドキさせることはできるもの。
脈ありっぽいけどあと一押し欲しい……という時は、気まぐれLINEで彼を刺激してみてはいかがでしょうか?

LINEで彼の頭をあなたでいっぱいにすることができれば、恋愛成就も近いかもしれません。
既にカップルの二人なら、もっとラブラブになれること間違いなしですよ。

(文/恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む