彼に愛されるためには、彼を大切にすることも大切です。
しかし大切なのはそれだけではありません。

時に、彼が守りたくなるような女性であるということも求められます。
では、彼の女性を守りたいという気持ちを刺激するテクニックをご紹介します。

(1)危なっかしさを感じる

『一人にしたらどうなっちゃうのか心配』(28歳/金融)

彼の守りたいという気持ちを引き出したいのであれば、少し危なっかしさを感じさせましょう。
過剰に危険な行動をとる必要はありません。
ですが、自分がついていないと心配!と思わせるのがポイントです。

大人になってからこのようなタイプの人を目指そうとすると時として幼稚な人や痛い字と煮なってしまうこともあります。
加減に気を付けながらこのテクニックを利用していきましょう。

(2)物理的に守りたい

『小さい子は守ってあげたくなるからずるいよなあ』(27歳/交通)

女性に幻想を抱いている男性は多くおり、男性というのは少し単純な部分を持っている生き物でもあります。
そのため、線が細く身体が華奢というだけでも男性の中には自分が守らなければと思ってしまう人も居ます。

そのため、背も低く身体の線が細いという人はその男性の心理を上手く使いましょう。
ちょっとか弱そうな雰囲気を出すだけでも、男性は守りたいと強く思ってくれるはずです。

(3)天然な女性

『抜けている部分を俺が補ってあげたい』(29歳/公務員)

普段仕事などは、しっかりこなしている女性。
でも、自分と2人の時は気が抜けてちょっと天然な姿を見せてくれる。
そんな女性に男性はどうしても弱くなってしまうものです。

男性というのは、どちらかというと女性よりも優位に立ちたいという気持ちが強い生き物です。
そのため、天然の女性というのはそんな男性の心理を満たしてくれる存在です。
「しょうがないなぁ」なんて文句をいいつつも、そんな女性が可愛いと思っているのです。

(4)計算はNG

『どうせ計算なんでしょ?なんて思いたくないですけどね』(30歳/コンサル)

危なっかしい女性と、天然な女性というのは中には計算してそう見せている人も居ます。
それを男性側に悟られなければいいですが、あからさまですと男性に引かれてしまうこともあるでしょう。
この2つに関しては、男性に計算だと悟られないようにふるまうか、もしくはほんとうに素が天然orおてんばな女性であることが重要です。


男性に守りたいと思ってもらうには、男性の心理を利用した言動をすることがポイントです。
自分がいなきゃダメだと男性に思わせることができたら、男性は今よりもっとあなたにメロメロになります。

ご紹介したテクニックを活用し、愛される女性になりましょう。

(文/恋愛jp編集部)