彼に愛されてる実感がいまいち湧かない……なんて思っていませんか?
好きで付き合ってみても、実際にはなかなか長く続かなかったり愛されている実感がなかったり。
こちらがどれだけ相手を好きでも、彼に蔑ろにされる、なんてことも……?

では、どんなとき男性は女性を大事に思うのでしょう?
今回は、男が「大事にしたい」と思う彼女の瞬間を紹介したいと思います。

(1)深い話を聞いてくれた時

『ありがとう、また惚れ直したよ』(28歳/金融)

多くの男性は、彼女に自分を受け止めてほしいと考えています。
しかし、男性の多くが、心配はかけたくない、嫌なことは口に出したくないとも考えます。
それでもストレスは溜まりますよね。

そこで、あなたが彼の深い話題をさりげなく引き出して聞いてあげましょう。
ここでのポイントは、ぐいぐい「嫌なことない?」などと直接聞かないこと。

今日の昼ご飯の話や通勤中のことなど、日常的な話題から少しずつ探って話をさせましょう。
そうすると、俺の彼女は分かってくれる、話を聞いてくれると彼はあなたをより特別な人として見てくれるようになりますよ。

(2)一途さを感じた時

『嬉しいなあって思いましたもん』(30歳/コンサル)

一途であることは必須条件です。
中には恋多き女性が多くの男性に愛される、というパターンもありますが、それは極めて例外的なこと。
大抵は一途に相手のことを想い続ける女性の方が大事にされます。

男友達と二人きりで会わない、飲み会の時は必ず彼に連絡する……。
まずは相手を第一に考えていることをアピールしましょう。

(3)気配りを感じた時

『キュンときますね、そういう気配りに気づいたとき』(27歳/交通)

彼がお茶をこぼしたらさっとティッシュを取り出して差し出したり、レストランのメニューを彼が読みやすいように回したり……。
気配りと言っても、小さなことで構いません。
あなたのことを考えていますよ、あなたを優先していますよ、なんてことは言葉よりも態度で示した方が、説得力がありますよね。

(4)本音で話した時

『本気でぶつかり合えば、お互いよりいい関係になれるってママがいってた!』(28歳/自宅警備員)

あなたは彼と本音で話せているでしょうか?
誰しも秘密にしたいことはあるものですが、あまりにも自分の気持ちを隠しすぎていませんか?

大事に思われるためには、まず信頼関係をつくることです。
そのために必要なのは、本音での会話
遠慮せず、素直な気持ちをさらけ出してみましょう。


男性が彼女を大事に思う瞬間は、大きく分けて二つ。
自分を大事に思ってくれているのを感じた時と相手と信頼関係を結べた時です。

人は自分を大事にしてくれる人を大事に思うもの。
「こんなに大事に思ってるよ!」ということをばんばんアピールしていきましょう!

(文/恋愛jp編集部)