大好きな彼とより仲良くなりたいのであれば、会っていない時のやり取りに注力すべきです。
一緒にいる時に楽しいことは前提ですが、会っていない時にやり取りするLINEなどで、二人の関係が縮まるか離れるか大きく変わってきます。

ここでは、彼氏を癒す愛され彼女の「LINEの使い方」を4つ紹介しましょう。

(1)ルーティーンメッセージを怠らない

『いつもの時間に彼女から連絡が来ると安心するものです』(28歳/不動産)

必要な時しかLINEをしない、というカップルもいますが、彼にとっては少し寂しいところ。
ラブラブなカップルは、彼女がしっかりと彼にLINEでルーティーンメッセージを送付しています。

おはようとか、おやすみ、頑張ってねなど、彼にとって“戻る場所”であることを常にアピールしているのです。

ウザイ、と思われるでしょうが、それは相手の返信が無とキレてしまうからであり、スルーでいいと伝えておけばいいでしょう。
彼の心には、しっかりとアナタの気持ちは届いているのです。

(2)プッと笑えるキュートなスタンプ

『スタンプのセンスが何故かいい人っていません?(笑)』(27歳/IT)

LINEで上手に利用したいのが、スタンプ。
ありきたりのスタンプでの会話もいいですが、可愛くてアナタのキャラが良く伝わるスタンプを利用することが、彼への癒し効果に繋がります。

「何これ笑可愛いヤツ」と、思わせるスタンプをタイミング良く使ってみてください。

(3)相手を褒める内容を忘れない

『LINEに限らず、相手を思いやれない女性はダメ』(25歳/サービス)

癒されるのは心が落ち着き気分が良い状態です。
相手に求めたり、わがままを散りばめたり、見ろ!読め!と言わんばかりの情報の共有などは、さほど癒しとはなりません。

それよりも、一言「いつも通り、優しかったね」とか「いつも通りやれば、実力出せるよ」など、相手を褒めるようなLINEを活用することです。
男性にとって、コイツだけは絶対に味方だ、と思わせるLINEが使える女性はモテるのです。

(4)急な感謝もアリ

『悪い気がする人なんていませんよね!』(29歳/アパレル)

いつも、私のわがままを聞いてくれてありがとう、○○君大好きだよ……というような、いきなり感謝のLINEが入ってくると男性は癒されます。

常日頃でもいいでしょうが、たまのタイミングの方がグッと来るものがあるのでオススメ。
具体的な内容、そしてそんな彼が大好きだ、と伝えることができればより効果的でしょう。


ここでは、彼氏を癒す、愛され彼女の「LINEの使い方」を4つ紹介しました。
LINEは、誰でも使っている定番ツールだからこそ、ひねりの効いたアピールが功を奏します。
ぜひ、参考にしてみてください。

(文/恋愛jp編集部)