この夏の予定は立っていますか?
イベントの多い夏は、オシャレして色々な場所に出掛けたいですよね。
せっかくなら、素敵な出会いのためにも男ウケが悪いファッションは避けたいもの。

そこで今回は、実は男ウケが悪い「夏ファッション」について、紹介していきます。

(1)露出し過ぎ

『合コンに露出ファッションで来るって、ワンナイト狙いじゃないの』(28歳/サービス)

夏は開放感があり、つい露出多めになっていませんか?
適度な肌見せは、男性をドキッとさせるので大事。
しかし、過度な露出は軽い女に見られ、せっかくの出会いを逃しているかも。

全体で一部の露出にするスタイルを目指しましょう。
例えば、オフショルにした場合は、ボトムスをパンツにする。
また、ホットパンツやミニスカートにする場合は、トップスは露出しないようにするなど。

適度な肌見せを目指し、上品な色気を出していくとOKですよ。

(2)日焼け対策

『おばちゃんかよ!暑苦しいよ!』(30歳/商社)

女性にとって日焼けは大敵ですよね。
白い肌を保つ為にも、なるべくなら日焼け対策したいと思うのが女心。
しかし、大胆な露出もNGですが、一切肌を出さないのもNG。

日焼け止めアームカバーに日傘、サングラスなど、あまりの隙のなさにドン引き。
もちろん1人のお出かけ時には構いませんが、男性と一緒の時はやめておいたほうが良いですね。

おばさん認定されてしまうので、見た目が暑苦しいほどの日焼け対策は避けたほうが無難です。

(3)メンズライク

『友達なら可愛らしいって思うけど、彼女ならナシかな』(25歳/企画)

こなれたカッコよさのあるメンズライクなファッションが好きな女性も多いと思います。
もちろんキレイに着こなせていれば問題ありません。
しかし、彼に借りてきたようなオーバーサイズをラフに着ると、全体的にユルッとした印象に……。

女性らしさがなくなるので、男ウケはイマイチ。
全体的にダボっとした印象にならないよう、注意が必要です。
メンズライクなファッションを取り入れたら、一部に女性らしさを残すと良いですね。

小物使いを女性らしくすれば、全体的な雰囲気が変わってきますよ。

(4)個性的な柄

『服ってその人を表すでしょ。性格も個性的と思っちゃうよ』(33歳/不動産)

夏は、ファッションも少し冒険したくなりませんか?
ビビットな色や、個性的な柄物を着たくなりますよね。
もちろん上手に着こなせば問題ナシ!

しかし、あまりにも個性的だと、男性は引いてしまっているかも。
まずはTPOを考えることが大事です。
フェスなどなら派手なファッションもOKですが、合コンならNG。

そして、派手色のものや柄物を取り入れる時は、足し算でコーデするのではなく、引き算でコーデしてみて下さいね。


開放的な夏、ファッションも冒険したくなりますが、男ウケを考えるならNGコーデがあります。
もちろん、自分で楽しむのはOKです。
素敵な出会いを求めているのなら、男性印象も考慮しながら、夏ファッション楽しんで下さいね。

(文/恋愛jp編集部)