妹系女子と言われることが多いと、そろそろ大人な女性を目指したくもなりますよね。
年齢相応なかっこいい女性に憧れる気持ちもあるでしょう。

妹系女子を卒業するためにはどうすれば良いのでしょうか。
今回は、妹系女子を卒業するために実践しておきたい方法をまとめてみました。

(1)服装のテイストを変える

『フリフリや花柄よりも、清楚系な格好が大人っぽくて素敵に見える!』(28歳/不動産)

妹系女子と言われるのは、なんとなくの見た目のイメージが影響している場合も多いです。
妹系女子認定されている女性は、幼い子供を彷彿とさせる可愛らしい服装を好む傾向があります。

まずは服装のテイストを変えてみましょう。
自分のイメージを変えるためには、かたちから入ることも大事です。
かっこいい系の女性の服装や、少しフォーマルよりな服装をチョイスすることで、印象はかなり変わります。

(2)甘えるのをやめる

『頼られてばかりだと、正直めんどくさい……』(25歳/企画)

妹っぽい行動として代表的なのはやはり「甘えること」です。
なるべく周りに甘えたり、依存するような行動はとらないようにしてみましょう。

一人でとにかくたくさん行動するようにしてみたり、周りに頼らないようにしてみるのです。
妹認定されやすい女性は、やはり普段から誰かの後ろについているような行動が目立つ人が多いです。

(3)たまには周りをリードしてみる

『たまにはデートでリードされる側になりたい!』(33歳/営業)

妹系女子を卒業したいなら、たまには周りをリードするような行動を取ってみることも大事です。
しかしそうはいっても、たくさんの人を率いるのも大変ですよね。

そんな時は友達や彼氏など、近しい人の周りで「人をリードをする」練習をすると良いでしょう。
飲み会の幹事を主催してみたり、デートプランをたまには自分で考えてみたりなどですね。

(4)知識をたくさん身につける

『自立している女性は魅力的!』(29歳/サービス)

妹系女子を卒業するための方法として、知識をたくさん身につけることも重要です。
なんとなく妹っぽい感じの印象を持たれやすい人でも、頭が良いと「かっこいい」という印象になることも多いです。

妹認定されやすい人は、いつも周りから何かを教えてもらうばかりです。
今度は自分が教える側として立ち回れるよう、普段から物事を学んで理知的な女性を目指しましょう。


妹系女子を卒業するための方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
大人ならやはり大人らしく、いつまでも「妹」ではいたくないと思うこともありますよね。

妹系女子を卒業するための方法として重要なのは、周りに頼りきりにならない姿勢です。
自分一人で行動していく気持ちを大切にすれば、きっと妹系女子を卒業できる日も近いはずですよ。

(文/恋愛jp編集部)