男をドキッとさせるスイッチ、もしそれがわかるなら夏こそ好きな人に仕掛けたいですよね。
でも男はどんな瞬間、仕草に性欲スイッチが入るのでしょうか。
今回は、男を欲情させる、男の性欲がありあまる瞬間をご紹介します。

(1)透け感のあるシャツで下着が見えそうで見えない時

『下着のラインが見えそうで見えない薄めの白いシャツなんか、ドキドキしてしまいます』(30歳/不動産)

男は下着がうっすら見えるシャツにとても敏感。
女の人が意識していない、見えそうで見えないセクシーさにドキドキしているようです。

かといってあからさまに透けるシャツは品がない。
透け感がありそうなシャツを着る時は、黒キャミを重ねておくなど、男の性欲がありあまる瞬間を狙ってみましょう。

(2)足を組みなおした時

『無意識に目で追って、くぎづけになっているのに気づいてハッとします……』(27歳/IT)

男がドキドキしてしまうエロ仕草。
でもあからさまな態度や仕草は女子からの反感を買うし、男が白けてしまう場合もありますよね。

そんな中、おすすめのエロ仕草が「足を組みなおす仕草」です。
特にスカートのスーツ姿の時や、私服のタイトスカートの時などは男をドキドキさせて男の性欲スイッチを押してしまうことでしょう。

(3)髪を束ねる仕草

『うなじが見えて色っぽいし、髪のにおいが香ってクラッとしてしまう』(33歳/コンサル)

体に自信がない人におすすめしたいセクシー仕草として、髪をまとめる、束ねる仕草があります。
普段は髪で隠れているうなじがあらわになり、その色気に男の性欲が刺激されます。
かき上げた髪のいいにおいが嗅覚を、不意に目に入るうなじが視覚をロックオンするエロ仕草なんです。

(4)ボディラインの見える服を着ている時

『思っていたより巨乳だったりすると、目がついいってしまいます』(33歳/アパレル)

胸の谷間をあからさまに出すよりも男がドキッとするのは、服の上からもわかる体のライン。
アラサーになるとあからさまな胸の谷間の露出やミニスカートは「イタい」と思われかねません。

それよりは、肩、手首や足首などを部分的に見せて、あとはボディラインで勝負するのが正解。
一枚脱げばボディラインの出る服で男の性欲を掻き立ててみてはどうでしょう。


狙ったエロ仕草で男に困惑された経験はありませんか?
あからさまなアピールは意外と刺さりにくく、男に引かれかねません。
それよりは醸し出る色気を常に纏うほうが大人の男も虜にできますよ。

(文/恋愛jp編集部)