純情でキレイなものほど、かき乱したくなるもの。
女子の無垢なしぐさが実は男性の理性を止められなくなるきっかけにしているんです。

女性としては自然な仕草だけど男性はそうは思っていなかった。
男がいじめたくなる女子の無垢しぐさについてピックアップしてみたいと思います。

(1)顔をそむける

『そんなベタなリアクションされたらベタにいじめたくなる』(28歳/商社)

女性としてはただ恥ずかしいだけですが、本当は気持ちがいいくせに顔を背けている姿こそ無垢な仕草の代表。

男性としては、言葉攻めや愛撫行為を繰り返して虐め続けたいみたいです。
我慢できなくなっても彼の目をまじまじと見られない恥ずかしがり屋さんはさらに彼の加虐心をついていますよ。

(2)胸やあそこを手で隠す

『あぁ、もうたまらんです!!』(25歳/飲食)

女子の反射神経でもあるのが、裸になった時に胸やあそこを隠そうとする仕草。
彼としてはどうせ最後は見ることになるのにと考えながらも、そんな恥じらいのある姿がたまらないと言います。

自然な反応ですが、さらに頑張って手で隠しているけど胸が大きすぎて隠しきれていない姿は、男性にとってはご褒美も同然。
いっそ手を縛りあげてまじまじと眺めていたいというS男の最高なおかずになってしまいますよ。

(3)自分から服を脱がない

『その焦らしはもうアカンです(笑)』(30歳/管理)

恥ずかしくて自分からなかなか服を脱がないという女性が実は多数派。
特に海外女性に比べて内気な日本女性に多い様です。

部屋を暗くすれば脱いでも良いという女性もいますが、それでは何も見えないので意味がないと男性もムラムラMAXに。

男性はたまには自分から服を脱いで、ストリップな雰囲気を楽しみたいと考えていますよ。
あまりにもモジモジしていると、襲い掛かって無理やり脱がせたくなるという男性もいます。

(4)敬語になる

『いきなりそのギャップは襲っちゃいたくなります!』(28歳/アパレル)

本当は続けて欲しいのに、「やめてください」「お願いします」といった言葉にも男性陣は注目しています。
支配欲がある男性としてはたまらず、もっと虐めてなんでも言うことをきかせたくなることも。

痴漢プレイとして楽しみたいカップルにも人気の方法で、たとえ計算じゃなくても無垢に感じてしまうみたいですよ。


エッチに慣れていないとしっかり足を開けなかったり、手つきがぎこちなかったりなど、無垢なしぐさはたくさんあります。

手慣れた女性よりも少しくらい恥じらいがある方が自分のペースにもっていきやすいという現実もあるようです。
好みは男性によってわかれますが、不器用な仕草こそ、そそられてしまうみたいですね。

(文/恋愛jp編集部)